断捨離

60代こそ「手ぶらで生きる」物を捨てるって気持ちいい!

夫の元から、飛び出してもう6年になります。
2DKのアパートに越してからは4年です。
着の身着のまま飛び出したのに、ずいぶんと物が増えていました。

物を捨てるって気持ちいい!

根っからの貧乏性で、捨てるのがもったいないという、もったいない根性がしみついています。
古いアパートなので、収納はけっこう多い方で、押し入れが二つあります。

いつしか物があふれていました。
町内会の廃品回収の日が物を捨てる大チャンスなので今回もドサッと捨てました。

今回、断捨離したもの
・焦げ付いてしまったフライパン
・お風呂にあった整理かご
・黒のダウンコート
・何年も着ていなかったセーター10枚
・パジャマ2枚
・靴下3足
・使わないお弁当箱
・古い日記5冊
・食器(コーヒーカップやお皿など)
・トイレマット

何年も着ていない黒のダウンコート、ついに断捨離しました。
すごい勇気がいりました。
このコートは友人からのプレゼントだったのです。

今回捨てたものは、ほとんどが頂き物でした。
夫の元から飛び出したことを知った友人たちがいろんな物をプレゼントしてくれたのです。
いただいたものだからこそ、とても捨てにくくて・・・

ゴミ袋に入れる寸前、友達にもらったものを捨てていいの?という迷いや罪悪感がこみ上げてきました。
人の善意を無にしてしまうような気がしたのです。

でも着ない物や使わない物を置いておいても仕方ないので、ありがとうと感謝して手放しました。

60代こそ「手ぶらで生きる」

ミニマリストしぶさんをご存じでしょうか?
ブロガーでもありユーチューバーでもあります。

動画を以前から拝見していますが、本当に物がない!
すごいすっきりしたお部屋にお住まいなのです。

これで生活できるのか?と疑ってしまうほどです。

ミニマリストしぶさんは若い男性ですが、食事も一日一回しかとらないのです。
これはびっくり、でも身体がとても調子が良いそうです。

しぶさんが持たない暮らしを実践されていたある日、事件が起きました。
階上の部屋からの水漏れで部屋が水浸しになってしまったのです。

ものが少ないので、被害も少なく、片付けも簡単にできていました。
もしわが家が水浸しになったら?
物があふれているので、たくさんの物が被害にあったと思う。

ミニマリストしぶさんは、手ぶらで生きるを推奨されていて、本も出されています。

ミニマリストしぶさんは、裕福な家庭に育ちましたが、両親の自己破産や離婚で貧困におちいってしまった過去があります。

この本で見栄を捨てて自由になろう、手ぶらでいこうと書かれています。

私はこの著書を読み、60代こそ手ぶらで生きるべきだって思いました。

実家の断捨離、大型トラック二台分ありました。
実家の断捨離は、大型トラック二台分ありました! 母が、サービス付き高齢者住宅に入居して一年たちました。 暑くなってからの引っ越しは大変でした。 なぜ、チビチビでも捨ててこなかったとかと悔やみました。 実家...

実家の断捨離に苦労した過去があります。
だから子供たちに迷惑をかけないように、最低限の物だけを残し手放していきたいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました