おひとり様の老後

60代の恋愛、ときめく心が若さを保つ秘訣




今日は、懐かしい人に、二人会いました

一人は息子の高校時代のPTA仲間、50代女性です。
3年ぶりの再会でしたが、マスクをしているとわからないものですね。

お弁当やさんでパートをしているらしい。
息子と同級生のお子さんはオンラインゲームにはまってひきこもり中とのこと。
悩みはつきないねなんて話をしました。

もう一人は憧れの元上司です。
47歳の時に現在のスーパーで働き始めた私ですが、当時店長だった元上司に恋をしていました。
仕事ができて、優しくてかっこよくてモテモテだったのです。

60代の恋愛、ときめく気持ちが若さを保つ秘訣

ときめく気持ちは毎日を楽しくしてくれました。
そのころ、夫とはまだ同居中で、いろいろとつらいことの多い日々だったので、職場に行くのが楽しみでした。
まるで高校生のような恋だったと思う。

仕事ができる方だったので、栄転し現在は本社勤務です。

時々、私の職場に視察にくるのですが、今までは会えると嬉しくてドキドキしていたのです。
今日は、もうそのときめく気持ちが消えていたのを感じました。

50代で独身、相変わらず容姿は素敵なままでした。

「身体に気をつけて、頑張って」なんて、またまた優しい言葉をかけてくれて、ウルっとなりました。
私に優しい言葉をかけてくれる人なんていませんから。

60代からは老いらくの恋?

老いらくの恋とは、何歳からなのか疑問に思い、ヤフー知恵袋を見てみた。
60歳からとか65歳からとか、年齢は関係ないなんていう回答がありました。

恋をするって、最初はとても楽しいですよね、そしてそれがだんだん苦しくなる場合もあります。

今後、老いらくの恋をする機会があったら人生楽しくなるかもしれません。
でも私はもう感情の老化も始まっているっぽいので、恋をすることはもうないと断言できます。

ときめくのは芸能人でもいいわけですが、私が唯一ときめいていたのは三浦春馬さんだったのです。

こんな状況ですので、心を明るくしてくれる何かが欲しい。
3月に生まれる予定の初孫は男の子らしいです。
孫にときめく可能性は大いにありです。

読者の皆様は恋をしていますか?
ときめくものはありますか?

コロナに負けないためには心を明るくすること。
コロナ禍でも明るい気持ちを持ち続けたいですね。

タイトルとURLをコピーしました