熟年別居

夫を捨てたい、なかなか断ち切れないのは夫婦の情




急に寒くなりました。
今日は仕事中にお腹が痛くなり、焦りました。

なんか悪いもの(ウイルスとか)が身体の中に入ると、お腹が痛くなったり熱が出たりします。幸い熱が出なかったので、コロナの心配はなし。

少し休憩室で休ませてもらったら治りました。

コロナウイルスはなかなか手強い相手で、しばらくは安心できそうにないです。
このコロナ禍で、夫婦関係が悪化してしまった方も多いかもしれません。

コロナは人間関係までも破壊してしまいます。
私のブログで、最近よく読まれているのはこの記事です。

50代の旦那デスノート、旦那が嫌いで死んでほしいと願う妻たち
50代の旦那デスノート、旦那が嫌いで死んでほしいと願う妻たち 旦那が嫌い、旦那死んでというキーワードでの検索数は年間100万回だそうです。 驚きました。 子どもが自立して、夫婦二人だけになった場合など、旦那さんの嫌...

検索で来られているようですが、旦那が死ぬほど嫌いな人、コロナのせいで倍増しちゃったのかも?

仕事がオンラインになったりで、年がら年中、旦那がいると、今まで見えなかった部分まで見えてしまって、コロナ離婚も増えているようです。

夫を捨てたい!

私の場合、新婚旅行先で思ったのが一番最初です。
モラハラ夫の本性を知ったのが、新婚旅行先だったのです。

日本に帰ったらすぐに離婚したいと思ったのを覚えています。

土下座して謝ってきた夫を許し、結局は23年間も結婚生活を続けてしまいました。
何度も捨てたいと思ったし、何度も許しました。

子供の人生が第一だったので、「離婚しないで、お母さん我慢して」と言われればその通りにしていました。

最後は子供の前でのDV、この時に警察に通報。

事情聴取を受け、夫は大人しくなりました。
この時も夫は俺を捨てないでくれと懇願してきて優しくなりました。

子供の前でのDVは児童虐待にあたるとかで、児童相談所に通報されました。
そこではじめて、子供のために逃げてくださいと言われました。

子供のためにと思って続けてきた結婚生活でしたが、実際は子供たちにも大きな傷をつけていたということに気が付きました。

「お母さん、もう逃げよう」息子のその一言で、夫を捨てることを決断しました。

夫を捨てたい、なかなか断ち切れなかったのは夫婦の情というもの

付き合った期間を入れれば25年も連れ添ったわけですので、情というものがあります。
可哀想、夫を捨てるなんてできない、私が我慢すれば等々気持ちは大きく揺れました。

別居してもうすぐ6年になりますが、そういった情や罪悪感はほぼなくなりました。
今年の春に、夫が一人で頑張っていることがわかったから。

久し振りに話した夫は、もう俺を捨てやがってという恨みつらみは言わなくっていました。

このコロナ禍で、もし夫と共に生きていたら大変だったろうなと思います。
今年は、若い年代でも夫を捨てたいと感じはじめた人もいるんじゃないかと。

何も協力してくれない夫、自己中の夫を捨てたい、若い年代で話題になっている本です。
共感者が続出で、エッセイから本になりました。

この著者は最終的には夫を捨てていません。
不満を吐き出すことで、やり直すことができたパターンのようです。

私は夫を捨てて後悔していません。
私の夫はあまりにも異常でしたから・・・

タイトルとURLをコピーしました