雑記

巣ごもり生活で、露呈する夫婦関係




コロナ騒動で、家庭内暴力が増えているそうです。
自粛自粛と押さえつけられ、先の見えない不安などでストレスもたまるでしょう。

そんな時、気の小さい男性は奥さんにあたるのです。
あたるものがないから奥さんにストレスをぶつけてくる。
あたられる方はたまったもんじゃないですよね。

巣ごもり生活で夫婦関係が露呈する。

こんな時だからこそ、お互いを頼りにして乗り越えるというのが理想の夫婦だと思います。
巣ごもり生活で、今まで見えていなかった相手の良い所が見える場合もあるだろうし、その反対もあります。
こんな人だと思わなかったと嫌な部分ばかり見えてしまうケースもあるでしょう。

見ないようにしていた部分が巣ごもり生活で露呈してしまう。

もしかしたらコロナ離婚やコロナ別居が増えるのではないかって思います。

わが家の場合、まだ夫と同居中だったら?と思うとゾッとします。
たぶんあたられまくりだったと思います。

職場のスーパーに、いたわりあっている高齢の夫婦がいらっしゃいます。

先日、奥様がおひとりで買い物にきました。
いつも二人一緒だったので心配になり聞いてみました。

「今日はご主人はどうされたのですか?」

家で寝てるということでした。
最近は家で寝てばかりいるそうです。

ただただ年老いた主人を、憐れに思う毎日だと、奥さんはおっしゃっていました。

歩くのもままならず、耳も遠くなった、寝てばかりいる高齢の旦那さんを、
バカにするでもなく、イライラするのでもなく、憐れに思って、つくしている奥さん。

良い奥さんだと思いました。

今、憐れな姿になったけれど、優しく接しているのは、若い時からずっと、旦那さんは頑張って働いてきて、お世話になったから、恩返しなのと話されていました。

年老いてもいたわりあう夫婦。

良い結婚生活だったのだなと思いました。
持ちつ持たれつ、助け合いながら、人生の最終局面を迎えているのでしょう。

私は、今、夫とは別居中です。
ひとりで暮らしている夫を憐れむ気持ちはあります。

最近は頻繁に電話がかかってくるようになりました。
こんな時期だからこそ、誰かに頼りたいのかもしれません。

そしてこんな時期だからこそ、夫に冷たくできない私がいます。
もう再び一緒に住むのは不可能だと思いますが、やはり少しは心配です。

電話の声はかすれていたし、だるいだるいと言っていました。
別居中の夫がコロナに感染していたら?という不安もあります。

何かあったらかけつけなくてはならないだろうと覚悟はしています。

タイトルとURLをコピーしました