老後を考える

一人息子を溺愛していた、母の老後




一人息子を溺愛しすぎた母。

私の母は、兄を溺愛していました。
何をするのも、兄優先、兄が欲しいものはなんでも買ってあげ、兄がのぞむことはなんでもしてあげていました。

私と妹(双子です)は眼中にない。
小さいころからずっと感じていたことで、寂しい思いをしていました。
父は妹を溺愛していたので中間子である私は、いつも心の中ですきま風がヒューヒュー吹いていました。

実家は食堂を経営していました。
父が二代目です。
父は働き者で、お店を大きくしました。

そのお店をついでほしいから、兄を溺愛していたのではないかとずっと思っていました。

一人息子を溺愛してきた母ですが、私も人のことは言えません。

息子は理屈なくかわいいのです。

女の子と、男の子をお持ちの方でしたら、わかるかもしれません。
娘の7年後に、生まれた待望の男の子でした。
なので、本当に溺愛していまいました。

一人息子を溺愛して育てた母を見て、私も同じような育て方をしてしまいました。

最近、小さい時のことをよく思い出しますが、私は母に抱きしめられたことが一度もありません。
仕事仕事と言い、忙しい母とふれあった記憶もありません。

もしかしたら、私は愛されていなかったのかなどと思います。
母は、兄がいればそれでよかったのか・・・
アラカンになった今でもその思いは消えません。

一人息子を溺愛した母の老後

兄は、母が嫌いだったということは、母に介護が必要になった時に知りました。
溺愛されすぎて、期待されすぎて、そしてプライドが高く世間体ばかり気にする母がずっと嫌いだったそうです。

母は毒親だったのかもしれません。
母が重かったのだと思います。

兄は結婚してから、母と距離を置くようになっていきました。
嫁姑バトルが起こると、兄はいつもお嫁さんを選んでいました。

兄をとられたと思ったのか、母はよくお嫁さんとけんかをしていました。

母は、一人息子に嫌われ、ひとりぼっちの老後を過ごしています。

母を高齢者住宅に入れた兄、お金は出すけど、面倒はみないと宣言。
そして同じ都内なのに、年に一、二回しか会いに行っていません。

あんなにかわいがった兄に、冷たくされた母。
高齢者住宅に入居した当時、私は捨てられたとよく泣いていました。

今は、嫌われていることに気が付いたのかあきらめたのか、それとも認知症だからなのか、兄が会いに行かなくても何も言わなくなりました。

重い母親はだめです。
母を見ていてそう思います。

タイトルとURLをコピーしました