アラカンおひとり様、やっぱり老後は不安です




職場で、20年後は何してる?という話題になりました。
20年後、私は79歳になっています。

とっさに浮かんだのがもうこの世にいないかもしれないでした。
なぜって?
今生きるのに必死で20年後の自分なんて想像できないからです。

53歳の同僚は、20年後もここで働いていたいと言いました。
すごく前向きな発言だと思いました。

スポンサーリンク




アラカンおひとり様、やっぱり老後は不安です。

昨年まではわりと平気で不安なんてあまりなかったのです。

今年60歳になると思ったら、なぜか不安が押し寄せてきました。
60歳、還暦です。
やっぱり還暦は大きな節目になると思います。

気持ちの問題もあると思いますが、最近は以前にもまして疲れがとれません。
レジも、サービスカウンターの仕事も、品出しもどの仕事も疲れます。
気力が衰えてきたというのもあると思います。

老後不安の原因はやはり年金が少ないこと。

月5万円の予定です、現在も厚生年金に加入しているので少しは増えるかもしれませんが。
これだけ少ないと死ぬまで働かなければだめってこと。

今でもクタクタなのに、無理でしょ?

老後不安の原因二つ目は、現在も貯金ゼロなこと。
59歳で貯金ゼロで持ち家なしで家賃もかかります。
これで不安にならない方がおかしいかもしれません。

いつも疲れきってため息ばかりついている私を一番見ているのは息子です。

だから息子は育ててくれたのだから親の面倒をみるのは当たり前という発言をしたのだと思います。

それを聞いた時は、嬉しかったです。
でも親として、そっかぁじゃあよろしく!なんて気持ちになれますか?
なれません。
子供の重荷になりたくはないです。

もう一つの老後不安
夫のことです。
私より7つ上なので、今66歳ですが、元わが家に一人で暮らしています。
もう3年ほど音信不通です。

私たちがこの2dkのアパートに越してきてから連絡は途絶えました。
もちろんこちらからすることもありません。

私と夫、どちらが長生きするかわかりませんが、夫の方が長生きすることになったら子供たちに迷惑かけてしまいます。
それが心配なのです。

20歳の息子にお父さんが病気になったら、お父さんの老後はどうする?と聞いたことがあります。
息子は父親の面倒も看ると言いました。

それを聞いて、本当に申し訳ない親だなと思いました。

両親の老後の面倒を看る?
そんなの重すぎる!
そんなことさせたくないです。

そんなことを最近考えるようになって、長生きしたくないなと思うのです。
逆に考えると、こんな親でも優しい子に育ってくれたことが何よりも財産だと思います。

応援していただけると嬉しいです

ブログにお越しくださりありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
(*- -)(*_ _)ペコリ


にほんブログ村


にほんブログ村

シニアライフランキング


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。