子供の頃からの夢が叶いました




私は小学生の時から国語が好きで、作文を書く時間がとくに好きでした。

自分の思いを文にするのも好きで、日記はずっと書いていました。
中学生の頃には、小説ジュニアという雑誌を読んでいて、小説を書いていたこともあります。

文字を書くことが好き、それを仕事にできたらいいなと夢を持つようになりました。

スポンサーリンク




本を出版するという子供の頃からの夢が叶いました。

(紙の書籍ではなくて電子書籍です)

自分の思いを文章にして公開するという夢はブログで叶っていましたが、今回はもう一段階進むことができたわけです・

私がブログを始めたきっかけは?
私と同じようなDVやモラハラで苦しんでいる方に、人生はやり直せるということを伝えたかったのです。

相変わらず、貧困のままですが、子供たちを貧困の連鎖から脱出させたいという目的を持って生きています。

私の家庭と同じように、兄夫婦も貧困に陥っていて、今も大変な生活をおくっています。
一億円の家を売りローンを返し、残ったお金はどんどん減っているのではないかと思います。
兄は今年還暦を迎えましたが、借家住まいで、老後は国民年金の苦しい生活が待っています。
今回の書籍は、介護貧困をテーマにしたものです。

私がブログ一番伝えたかったことは貧困母子家庭の現実です。

離婚や別居をしても、養育費をもらえない親子は実に80パーセントもいるそうです。
ちゃんと養育費をもらえているの母子家庭は20パーセントしかいないとは、ちょっとびっくりです。
そして私のように実家に頼れないという事情がある方もいると思います。

一人で何もかも抱えて生きていくのは、かなりしんどいことです。
そんな中で、私はブログにだいぶ救われました。

ブログに吐き出すということで、乗り越えられたことはたくさんありました。
読者の皆様にも、ずいぶん支えられていると思います。
ありがとうございます。

今回は介護貧困についての書籍ですが、今後は一番伝えたかった貧困母子家庭の現実なんかも出版できるといいなと思っています。

応援していただけると嬉しいです

ブログにお越しくださりありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
(*- -)(*_ _)ペコリ


にほんブログ村


にほんブログ村

シニアライフランキング


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。