定年後も働く理由、それぞれの事情




定年退職の年齢がどんどん伸びています。
いずれは70歳になるかもしれません。

私の職場も65歳が定年でしたので、あと数年頑張ろうと思っていました。
ところが、昨年65歳の定年後も働ける再雇用制度が設けられました。

あと数年というめどがなくなり、70歳まで働くという新たな目標もできたけれど、気力はあっても身体がズタズタなんですよね。
たぶん70歳でレジは無理だと思います。

定年後も働く理由、それぞれの事情

職場でも65歳の定年をすぎても、働き続けている方は何人かいます。
アラカン仲間とは70歳まで頑張ろうと励ましあっていますが、老親を介護しているおひとりさまの女性が、退職を考えはじめました。
もう体力も気力も限界だと嘆いています。

・定年後も働く理由
それぞれ理由は違うかもしれませんが、一番多いのは、年金だけではやっていけないという理由です。

とくに長い間、国民年金だった方は、ひと月6万にも届きません。
6万円では、いくら持ち家があったとしても生活は苦しいと思います。

お金があっても働くという方もいます。

・家にじーさんと二人でいても息がつまるから。
・働いていないとボケるから
・親の介護の息抜き
・猫の餌代を稼ぐ
・仕事が好き

こんな理由です。

私の叔父は、定年を機に、仕事をやめ、認知症になってしまいました。
とにかく仕事人間だったので、定年をして仕事を辞めたら何をしていいのかどう過ごせばいいのかわからなくなり、会うたびに老け込んでいきました。

仕事が生きがいだった人は、定年後、要注意だそうです。
脳というのは、つかわないとどんどん老化していきます。

叔父さんの家は、資産家で、お金がありましたが、最期は認知症になり、老人ホームで亡くなりました。
とても寂しい最期でした。

定年後も働く理由、老後資金がないから

私の場合は、年金も少ない、貯金もないという二重苦です。
65歳で定年して、老後はのんびり過ごすという選択はできません。

なんで、こんな人生になっちゃったかなと思うこともありますが、
人生プラスマイナスゼロの法則が本当ならこれからはプラスに転じてほしいとひそかに願っています。

職場のスーパーは、青果部門、鮮魚部門、惣菜部門でパートを幅広く募集していますが、応募してくるのはほとんどが60歳以上の方です。
さすがに70歳の方は採用を見送ったそうですが、60代はまだまだ働ける時代になったのだと感じています。

応援していただけると嬉しいです

ブログにお越しくださりありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
(*- -)(*_ _)ペコリ


にほんブログ村


にほんブログ村

シニアライフランキング


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク