ペットロスの悲しみを癒すカフェ、ディアぺット




先日、亡き父が可愛がっていた愛犬が虹の橋を渡りました。
父の後に、愛犬の面倒を見て可愛がってくれたのは兄のお嫁さんです。

母には暴言吐きまくりの気の強いお嫁さんですが、未だに泣いてばかりの日々を過ごしていると聞きました。

生きていると、毎日いろんなことがあります。 今日は、またまたクレームオバサンが来ました。 こちらが悪くなくても、頭を下げなけ...

もう一か月近くたつのですが・・・ペットロスの悲しみはそう簡単に癒えるものではないようです。
ペットロスの悲しみからうつ病になってしまう方もいるそうです。
それは圧倒的に女性が多いとのこと。

なぜ?女性が多いのか。

女性の方が男性より思い入れが強いからだそうです。

ペットロスの悲しみをどう癒していくか?

先日、NHKだったと思いますが、ペットロスの悲しみをどう癒す?という特集をやっていました。

スポンサーリンク




ペットロスの悲しみを癒すカフェ、ディアペットの様子が映し出されていました。

今年の二月に原宿にオープンしたそうです。

引用ディアペットHP

店内はとても可愛い感じのカフェで、壁には大きな虹の橋の絵が描かれています。
メニューがとても可愛いのですが、注文の時に、どのペットを失ったかを記入します。

そして話しかけてもOKなのか、話しかけないでほしいかの希望を書きます。

だいたい一人で来ている女性が多く、ペットの写真を見ながら泣いている人もいました。
そのカフェには、ペットを失った人しかいないので、同じ悲しみを共有できます。

可愛がっていた猫を失い泣き続けている女性に、話しかける若い女性がいました。

・もっと○○してあげたかった。
・かわいそうなことをした。
・自分の子供のような存在だった等々

お互いに悲しみや苦しみを吐き出すことによって、表情が明るくなっていくのがわかりました。
悲しみや苦しみを吐き出すことで、癒されて帰っていく方が多いそうです。

同じ痛みを持っているもの同士、気持ちは分かり合えるのだと思いました。

ペットロスの悲しみを癒すカフェ、ディアペットはこちらから

ディアペットカフェの二階では毎月、ペットの供養祭もやっているそうです。

ディアペットは原宿にあります。
お嫁さんに教えてあげました。

応援していただけると嬉しいです

ブログにお越しくださりありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
(*- -)(*_ _)ペコリ


にほんブログ村


にほんブログ村

シニアライフランキング


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。