50代同僚が認知症?もの忘れと認知症の違いとは?




職場に、もしかしたら発達障害?と噂されている同僚がいます。
私と同い年の58歳です。

私より2年ほど先輩で勤務は13年になります。
今まであらゆる所でクビになってきたそうです。

今の職場は、本当に人手不足なので、そのような同僚でも働くことができています。

今日も忙しい一日でした。 午後からの雨予報で、午前中から混雑していたのですが、その混雑のさなか、隣のレジではお客様が大きな声で...

その50代同僚、もの忘れが加速、今度は認知症なんじゃないのと噂されています。

私もお客様にレジ袋は必要か?と聞いていらないと言われたのに、もう一度レジ袋は必要ですか?と聞いてしまうことがよくあります。
少し前に聞いたことが、頭に入っていない、これは老化なのかと焦ることもあります。
人の事は言えません。
相変わらず、人の名前が思い出せないことも多いです。

最近、物忘れがひどく、ちょっと心配になってきました。 こんなにも早いスピードで脳が老化していくのかと恐怖を感じています。 人...

50代で認知症、あり得ない話ではありません。

65歳未満で発症した場合は若年性認知症と呼ばれています。

もしかしたら若年性認知症なのか、それとも単なる老化によるもの忘れなのか。
もの忘れと認知症の違いを調べてみました。

<もの忘れ>
・ドラマに出ていた俳優の名前を忘れる
・小説の主人公の名前を忘れる
・知人の名前を思い出せないが、ヒントをもらえば思い出せる
・財布をしまった場所を思い出せない
・買い物に行って卵を買い忘れる
・友人との待ち合わせで、時間や場所を忘れる
・洗濯機に洗剤を入れ忘れる
・手紙に書いた内容を忘れる
・電話で聞いた内容を忘れるが、メモを見れば思い出す
・買い物に自転車で行き、置いた場所を忘れる
・夫婦で旅行に行った年や場所が思い出せない

<認知症>
・ドラマを見たことを忘れる
・小説を読んだことを忘れる
・知人の名前を思い出せず、ヒントをもらっても思い出せない
・財布をしまったことを忘れている
・買い物に行ったことを忘れて、卵を何度も買ってしまう
・友人と待ち合わせしていることを忘れる
・洗濯機の操作方法を忘れる
・手紙を書いたことを忘れる
・電話で聞いた内容を忘れ、メモを見ても思い出せない
・買い物に自転車で来たことを忘れて家に帰る
・夫婦で旅行に行ったことを忘れている  引用週刊朝日

この違いを見ると、もの忘れと認知症の境界線がわかります。
もの忘れは、体験したこと自体を忘れるわけではなくて、ヒントを言われて思い出すことも多いそうです。
認知症の場合、その体験自体を忘れてしまいます。

たとえば昨晩の夕飯のメニュー思い出せないのが、もの忘れで、食べたこと自体を忘れるのが認知症です。
隣でレジをしている同僚は、一回レジを通したものを、打ったかどうか忘れてしまうそうです。

ちょっとこれはまずいですよね。
そんなキャッシャーがいるスーパーで買い物したくないですよね?

65歳までは頑張りたいと言っている同僚ですが、こんなにミスが続くと難しいのではないかと思ってしまいます。

応援していただけると嬉しいです

ブログにお越しくださりありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
(*- -)(*_ _)ペコリ


にほんブログ村


にほんブログ村

シニアライフランキング


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。