18歳になったら出ていけ!3月は涙の季節



今日は、すごい風でした。
春一番だったのでしょうか。

この時期になると娘の高校の卒業式を思い出します。
もう8年たちます。
東日本大震災の年でした。

娘は高校の卒業式の前日に家を出ました。

スポンサーリンク




父親の18歳になったら出ていけの言葉通りに、それを実行しました。

最初は歩いて15分くらいの場所にアパートを借りました。

父親に見つからないように、夜逃げのような引っ越しでした。
私と息子の引っ越しも、夜逃げのようにコソコソでした。

突然、きれる夫です。
出ていくと言ったら、また何をするかわかりません。

なのでコソコソの夜逃げのような引っ越しです。

卒業式当日。
別々の場所から、私と娘は学校に向かいました。

卒業証書授与で、娘の名前が呼ばれる。
娘がニコニコと嬉しそうでしたが、その顔をみて私は涙があふれました。

卒業式という晴れの日に、一人暮らしのアパートから学校に向かった気持ちを思うと、憐れで仕方ありませんでした。
ごめんね、一緒に出ていけなくてごめんねと心の中で謝りました。

その涙の中には、安堵の気持ちも含まれていました。
あの父親から、やっと逃がしてあげられたという安堵の気持ちです。

娘はそうやって親から巣立っていきました。

自由になったから、楽しい生活をおくっていると思っていたのですが。

お母さん助けてと何度もメールがきました。

39度の熱がある。
扁桃腺が腫れてごはんが食べれない。

そんな内容でした。

まだ18歳と言えば子供です。
それなのに、私は守ってあげれませんでした。

夫の目を盗み、娘の所へかけつけることはなかなかできませんでした。
あの頃を思うと、本当に娘にはかわいそうなことをしたと胸が痛みます。

娘は、最近言っています。
頼れる親がいなかったから、自分で頑張るしかなかったって。

18歳で放りだされた娘。
自立するしかなかったのです。

娘が18歳で家を出た4年後、今度は私と息子が家をでました。
息子と私はワンルームのアパートで別居生活をスタートさせました。

夫に居場所がばれて、どなりこまれて、さらにまた逃げるようにここへ引っ越してきました。

もう二年間、夫とは音信不通になっています。

3月は涙の季節。
最後はうれし涙を流したい・・・

息子よ、頑張れ。

スポンサーリンク