お金を引き寄せる法則って・・・これだ!




息子と二人、母子家庭の生活、なかなか貧困から抜け出せません。

スポンサーリンク




お金を引き寄せる法則ってこれだ!というような場面に遭遇したので記事にしたいと思います。

毎日、見切り品や安い野菜を探し買ってきて、食費の節約をしているけれど、時々みじめになります。
私の場合、節約というより、ケチるって言葉がぴったりなのです。

よく節約とケチは違うと聞くけど、わかるような気がします。
安いからと飛びついてかったみかんのほとんどが腐っていたり、業務スーパーのオムレツが味がしなかったり。

安物買いの銭失いを結構やってます。

お金を引き寄せる法則

お金持ちになる方法とかの本がよく売られています。
そういう類の本によく書かれているのがお金をばらまくということ。
たとえば、寄付などを見返りを求めないでする、そうすると自然とお金が入ってくるようになるという話です。
それから全部、懐にため込んで、使わないというのもよくないそうです。

与えなさい、そうすれば与えられます。

これは聖書の言葉です。
聖書は人生の教科書とも言われています。
私はクリスチャンなので、本当に苦しい時や困難にあった時、聖書を読みます。
そうすると不思議と読んだページにこたえが示されることがけっこうあります

お金を引き寄せる法則がこれだ!と思ったのは、職場のスーパーにくるお客様の例を見たからです。

あるお金持ちの婦人は、毎回1万円以上の買い物をしていきます。
だいたい、かご二つ山盛り買っていきます。

話を聞くと家族が多いわけでなく、近所の高齢の一人暮らしの方や知人に、お惣菜をたくさん作って配っているということでした。

美味ししい美味しいと喜んでくれるので、作り甲斐があると言ってました。
ようするに、自分や家族のためにだけでなく、周りの貧しい人や、困っている人に無償で配っているのです。

その方はすごくくじ運がいいと今日、嬉しそうに話してくれました。

先月は5千円の商品券、昨日は肉屋さんの懸賞で牛肉が一キロあたったそうです。
牛肉があたったので、今日はすき焼きにして、友達にごちそうすると言っていました。

一方、その後に来られたお客様は、いつも見切り品ばかりを買いにきていきます。
無料プレゼントがあれば何回でも並んで何回ももらうタイプです。

口癖はお金がないです。
悪い言い方をすれば、がめついということです。

今日の嘆きは、何回くじをひいても、懸賞に応募しても一度も当たったことがないという話でした。
こちらの方は、たぶん人に何かを与えることはないのではないかと思いました。

私も貧乏ですので、この方の気持ちはすごくよくわかります。
お金に余裕がないから、人に何かを与えるということがなかなかできないのです。

この二人のお客様を見て、お金を引き寄せる法則ってこういうことだったんだと思いました。

与えなさい、そうすれば与えられます。

これはお金以外のことでもいえることです。

貧困にあえぐ現在、なかなかお金を与えるってできませんが、そのほかのことならできます。

人に親切すること。
困っている人がいたら助けることなどです。

友達を助けたら、あの時助けてくれたから今度は私がなんてこともあり得ます。

これは明日からでも実践できます。

応援していただけると嬉しいです

ブログにお越しくださりありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
(*- -)(*_ _)ペコリ


にほんブログ村


にほんブログ村

シニアライフランキング


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。