何が起こるかわからない、おひとりさまの老後




何が起こるかわからない、おひとりさまの老後

50代のカテゴリーも女性シニアのカテゴリーでも、一人暮らしの方が多いことに気が付きました。

みなさん、おひとりさまの老後をしっかりと自分自身で立っていると感じました。
私もそうありたいと願っていますが、老後は何があるかわかりません。

今日、久々にいらした老婦人、あまりの変わりように、言葉を失いました。

絵にかいたような素敵なご夫婦だったのです。
ご主人も奥様もいつもおしゃれな着こなしをされていました。

ご主人は、ロマンスグレーというのでしょうか、白髪なんですが、それがとてもお似合いです。
そのご主人が、ここ何か月かは、一人で買い物に来られていて、お惣菜ばかりを買っていかれました。

いつも、いろんな食材を買われていた奥様は、さぞかしお料理がお好きなんだろうと思っていました。

ご主人が、いつも一人で買い物に来られるようになって、ずっと奥様はどうしたのだろうと気になっていました。
そして今日、半年ぶりくらいに奥様が一緒に来られました。

ガリガリに痩せて、別人になっていました。
いつもニコニコと笑っていた方が、表情も暗くて、本当にあの奥様なのかわからないほど。

マスクをしていて、やっと歩いていました。
あれだけ痩せちゃうって?
たぶん、何かの病気をされたのだと思いますが。

元気だった方が、あんなに変わってしまったのはちょっとショックでした。

これからの老後、何が起こるかわからないって思いました。

以前にも同じようなことがありました。

仲良く買い物にいらしていたご夫婦で奥様の方が、見るたびに痩せていったのです。
その方はまだ若く50代だったと思います。

そして、奥様が来られなくなり、ご主人が、ある日おっしゃいました。

「妻は胃がんで手術をしました。
今どうしても甘納豆が食べたいというので買いにきました。
食べさせてあげたいと思って。」

奥様が好きだった甘納豆は、売れきれていたのです。

お菓子担当に事情を話して、早急に取り寄せてもらいました。
ご主人、すぐに買いに来ました。

無事に、奥様は食べることができたのでしょうか。

それからしばらくご夫婦はみえなくなりました。

忘れかけたころ、ご主人が一人でいらっしゃいました。

「あの時はありがとう。
でも、あれからすぐに亡くなりました。
私は、今度高齢者住宅に入ることになりました」とおっしゃっていました。

まだ50代だったのに・・
あんな元気だった奥さんが・・・

癌というのは、急激に痩せてしまいやつれてしまうようです。
そして胃がんは進行が早いのですね。

地元の小さなスーパーなので、お客様は圧倒的にご高齢の方が多いです。
いろいろなドラマを見てきました。

夫婦なら手を差し伸べてくれる夫がいます。
でもおひとりさまの老後は、自分自身でなんとか踏ん張らないとなりません。

今日は野口五郎さんのがん公表。
池江選手の白血病公表など、びっくりするようなニュースがありました。

人生は何が起こるかわからないと思った一日でした。

応援していただけると嬉しいです

ブログにお越しくださりありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
(*- -)(*_ _)ペコリ


にほんブログ村


にほんブログ村

シニアライフランキング


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。