年金全額免除はお得なの?デメリットもあります




年金の免除してもらうために、わざと年収を抑えている方ってけっこういるみたいですね。

年金を納めないでいいということで、なんとなくお得な感じもしますが。

スポンサーリンク




年金全額免除はお得なの?。

まず、年金免除の条件とは?
◾年収122万円以下・・・全額免除
◾年収158万円以下・・・3/4免除
◾年収227万円以下・・・半額免除
◾年収296万円以下・・・1/4免除

年収122万円以下ということは、ほぼ10万円の月収となります。
10万円以下の月収なら年金は全額免除の申請ができます。

確かに10万円の月収から、国民年金だとして15000円を支払うってきついです。
(国民健康保険も払わないとならないし。)

以前も書きましたが、私の夫は無保険無年金でした。
結婚した時はすでに無年金でした。
自営業だったので任意加入、加入せずを選んでいました。

国民健康保険も、滞納が続き、最後は払わなくなっていました。

私だけならともかく子供たちに何かあってはいけないと職場の社会保険に加入しました。
その頃から、働く時間を増やし、家を出る準備をしていました。

息子は私の扶養に入れましたので、安心して歯医者にもいけるようになりました。

話がそれました。

年金全額免除はお得なのか?デメリットもあります。

国民年金ならば月15000円平均を納めないですむのは、お得な感じがします。
年間にすると18万円、大きいです。

デメリットは、将来もらえる年金額が減るということです。
全額免除にすると、免除の期間にもよりますが、半分になる場合もあり得るそうです。

国民年金の場合、満額でもらえる金額は、月65000円です。
年金全額免除にしたら半分の32500円?

これではとてもやっていけません。

年金全額免除は、期間としてはカウントされるけれど、金額には反映されないということです。

実は、私もあまりにも身体がきついので、勤務時間を減らして、社会保険をぬけて、年金免除の申請をしようかと思ったこともありました。
でも、無理。
これ以上将来もらえる年金額が減ると、やっていけないと思い、社会保険のまま頑張ることにしました。

読者の皆様、こんばんは。 今日は冷たい雨が降っています。 体調悪し・・・です。 ギックリ腰まではいかないまでも、腰...

国民年金は60歳で払い込みが完了してしまいますが、厚生年金は65歳もしくは70歳まで働ける限り、納めることができます。
納めれば納めるほど、年金額は増えていきます。

社会保険は、企業に勤めている限り、70歳まで納めることができます。
基本は65歳から年金支給が始まりますので、年金を受け取りながら、社会保険も払い続けるということです。

注意しなくてはならないのは、収入が多い場合、60歳から70歳までは年金は減額されてしまうということです。
年金が減らされるなら、働き損って思う方もいるかもしれません。

65歳までは、給料と年金の総支給額が28万以下、65歳から70歳までは給料と年金の総支給額が46万円以下なら減額はなしということです。

政府としては働けるうちは働いてくださいという思いなのでしょう。

私は、元気なうちは働いていたいと思っています。
(給与が低いので年金減額の心配はないです)

応援していただけると嬉しいです

ブログにお越しくださりありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
(*- -)(*_ _)ペコリ


にほんブログ村


にほんブログ村

シニアライフランキング



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。