涙の成人式、6年前の成人式を思い出す




今日は成人式でした。

今年は全然見かけないなと思っていたら、お昼すぎに、アルバイトの大学生3人が晴れ着を着てやってきました。

みんなかわいくて、キラキラしてました。
3人のうちの2人は、娘の着物と同じ赤でした。

(相変わらず赤が人気?)

あ、娘の着物に似ているなと思ったら、じわーんとしてきてしまいました。

高校生の頃から見ているアルバイトの子たちです。

まるで親の気持ちのように、立派に育ったね、きれいになって・・・みたいな感動してしまいました。

スポンサーリンク




涙の成人式、6年前の娘の成人式を思い出して、また泣いてしまいました。

毎年、成人式で晴れ姿を見ると涙が出てきて仕方ないので、今年は泣かないぞと決めていたのですがだめでした。
6年たっても未だに思い出してしまいます。

6年前の成人式、大雪でした。
あの大雪の年。

娘は18歳で家を出て、横浜で一人暮らしをしていました。

私と息子は、まだ夫と暮らしていたのですが、娘の成人式は、夫に内緒でコソコソとすすめました。

18歳で家を出た娘のことを夫は「あいつは勘当だ!この家の敷居は二度とまたがせない、帰ってきたらぶんなぐってやる」と言っていました。
いつもいつも自分から、「18歳になったら出ていけ」と言ってたくせにです。

本心は、娘が本当に出ていってしまい寂しかったのかわかりませんが。

成人式当日、私は夫が出かけていくのを待ってから、美容院に向かいました。

美容院についたら、娘の支度はもうできあがっていました。
娘は私が成人式で着た、赤い振袖を着ました。

その姿を見て、涙があふれてきました。

不憫な思いばかりさせたけれど、ちゃんと晴れ着が着れてよかったという思いとか。
父親には内緒で、コソコソとやらなければならないつらさとか、いろんな感情が湧き出てきました。

その後、写真を撮りに行き、撮り終わって外に出ると、一面雪でした。
降り続く雪がどんどんつもり、車は渋滞してしまいました。

友人のお母さんに娘をまかせて、私は家に帰りました。
(夫より早く家に帰らなければなりません。)

成人式では、たくさんの同級生に会えたみたいです。

その後、娘は東京の母の家に向かいました。
今は、もうない私の実家です。

あの頃は、まだ実家もあり、母の頭もしっかりしていました。
母は娘の晴れ姿を見て喜んでくれました。

あの後、実家が売りに出されるなんて夢にも思っていませんでした。
そして、私と娘が着た思い出がたくさんの赤い振袖は、兄のお嫁さんによって断捨離されました。

兄のお嫁さんも、アラフィフです。 今年52歳になったお嫁さんは、今月の初めにおばあちゃんになりました。 初孫が生まれたのです...

今度は、孫になんて思っていたので、ちょっとショックでした。

こんな感じで成人式が来ると、いろいろ思い出して涙が出てしまいます。

来年は、息子が成人式です。
息子は大学生になっていてほしいです。

応援していただけると嬉しいです

ブログにお越しくださりありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
(*- -)(*_ _)ペコリ


にほんブログ村


にほんブログ村

シニアライフランキング


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。