年金5万円では、どんな施設にも入れない!姑さんの老後どうする?



今日から仕事でした。
50代や60代の同僚が多いので、自然と親の介護の話になります。

今日は、60代の同僚の話です。




年金5万円では、どんな施設にも入れない!

厚生労働省の昨年末のデータによりますと、国民年金の平均受給額は5万5000円で、厚生年金の平均受給額は14万円7000円となっています。

国民年金の5万円の受給者は、どうやって生活していくのか。
5万円だけでは、とっても生活できないと思います。

そうするとふりかかってくるのは子供になってしまう?

60代の同僚のお姑さんが、まさしく年金受給額5万円です。

義両親の介護は、長男の嫁がするべき?私も長男の嫁・・・
職場に、義両親の介護をしている長男の嫁である同僚がいます。 毎日、愚痴を聞かない日はありません。 かなり大変そうです。 ...

こちらの記事にも書きましたが、お姑さんの介護は、すごくストレスになるそうで、仕事に来ていた方がいいといつも言っています。

認知症がすすみ、とんでもない行動をするそうです。

毎日のように、愚痴を聞かされています。
私の母も軽度の認知症なので、気持ちはすごくわかりますが、私の場合は実の親ですので、まだ我慢もできます。

同僚Nさんは、結婚当初から仲が悪かったというお姑さんです。
本当は捨てたい?どこか施設に入れたいとずっと思っていたそうです。

ところが年金5万円では、どんな施設も入れない!これが現実です。

まずは特養、特別養護老人ホームですが、認知症が重くないと入れません。
かりに入れるほどに認知症が悪化しても、どこの特養も待機者が何万単位でいます。

費用が安いのは、特別養護老人ホームなのですが、簡単には入れない施設です。

そして、サービス付き高齢者住宅、こちらはどんなに探しても年金5万だけで、入居できる所はないと思います。

私の母が利用しているサービス付き高齢者住宅でも、一番低い賃料でも8万円です。
8万円の部屋に入れたとしても、そのほか、光熱費や施設利用料、それから食事を頼んだ場合などを考えると最低10万円は必要だと思います。

年金5万円のお姑さんの老後、どうする?

同僚Nさんと旦那さんに金銭的な余裕があれば、その年金5万円では足りない分を、負担してあげるという方法がとれます。
しかし、残念ながら旦那さんは自営業で、生活は苦しいそうで、自分たちの老後も心配だと話しています。

どこの施設にも入れないなら、自分たちがお姑さんの面倒を見ていくしかないのです。

たまにディサービスにでかけてくれると、ほっとするそうです。

そうやってうまく介護サービスを利用していくしかないのです。

お店のお客さまの中でも、お金がなくて親を施設に入れることができないという方が、けっこういらっしゃいます。
お金がなくて施設に入れない、老後貧困の現実です。

コメントの入力は終了しました。