老後は姉妹で暮らすはあり?私は無理・・・妹は苦手です



読者の皆様、こんばんは。

今日の職場は暇でした。
やはり高齢のお客様が多いので、年金支給日前は、あまりいらっしゃいません。

今日もあるお客様が、年金支給日まであと4日、もう少しの辛抱なのと言い、見切り品ばかりを買っていかれました。

年金をもらっても、次の支給日までに底をつく理由は、医療費の圧迫なのだそうです。
病院代にごっそり持っていかれるそうで。

そんなことを聞くと、老後に一番大事なものは、お金ではなく健康でいることなのだと思いました。




老後は姉妹で住むはあり?

お客様で、いつも仲良く姉妹で買い物にこられる方が何人かいます。
老後は姉妹で一緒に暮らしている方、けっこういるんですね。

連れ合いが亡くなり、お互いに一人になった時、姉妹で一緒に住むのもありかもしれません。

65歳のおひとりさま同僚が、やはり妹さんと住んでいます。
姉妹で生涯独身、なので二人でマンションを買ったそうです。

年に何回かは、姉妹で旅行しているようで、老後を楽しんでいます。

老後は姉妹で暮らす、私は無理、私は妹が苦手だからです。

妹と言っても、私と妹は同い年、ツインズ双子です。

私の方が45分早く生まれたので、戸籍上は長女、姉です。

でも妹は私をお姉さんと思ったことは一度もないそうです。

小さい時は仲が良い双子でした。
母が作ってくれたおそろいの洋服をいつも着ていました。

高校から別々の学校に進み、二人で行動を共にすることは減っていきました。

双子って性格は同じじゃないの?
ってよく聞かれますが、全然違います。

遺伝子同じなのに、不思議ですよね。

私が妹が苦手な理由は、気が強いからです。
そしてまるで向こうが姉のように、いつも上から目線。

私は妹といると、なんでも支配されているような気持ちになり、すごく疲れます。

兄弟姉妹は、結婚すれば他人になるとよく言いますが、全くその通りだと思います。
もう別々の人生歩んでますから、生き方も考え方も全く違います。

だから、将来、妹もおひとりさまになったとしても、老後は姉妹で暮らすはありえないと思います。

私は、おひとりさまの老後を選びます。

おひとりさまの老後を楽しむ処方箋 年金5万円でも幸せ生活

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おひとりさまの老後を楽しむ処方箋 [ 阿部絢子 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2018/10/11時点)

楽天で購入

●おひとりさま暮らしになってまずやるべきこと
●年金ダウンなどお金が減っても楽しく暮らすヒント
●いくつになっても働ける!60歳からの仕事探し
●捨て上手は決断じょうず!もっとシンプルに暮らす
●体にも気持ちにも負担の少ない「小家事」のすすめ
●親の介護、親が元気なうちにやっておきたいこと

【目次】(「BOOK」データベースより)
1章 ひとりでもしあわせな暮らし/2章 ひとりでも暮らしやすい住まい/3章 ひとりでも楽しんで食べる/4章 ひとり暮らしのお金と心/5章 働き続けるということ/6章 こだわって楽しく暮らす/7章 快適に心地よく生きる/最終章 これからもひとりで楽しむ10のコツ

コメントの入力は終了しました。