50代 終活のすすめ いろいろあったけれど、わが人生に悔いなし

読者の皆様、こんばんは。

先日、突然63歳でこの世を去った友人のご主人。
やはりまだ終活をしていなかったそうです。

身体は健康だったし、まだ60代、自分の死なんて考えたことがなかったと思います。

お通夜に行ってきました。旦那が死んで幸せと言う友人
読者の皆様、こんばんは。 昨日、暑かったので、今日は半そでで家を出ました。 寒い!外はひんやりとしていました。 ...

旦那さんが死んで幸せなんて、のんきなこと言っていた友人ですが、いろいろな手続きに超大変そうです。

まずは遺産相続、こちらは司法書士か弁護士に依頼するみたいです。
そしてお墓、これが問題。

お墓の用意はもちろんしてなくて、本人が生存中は、海か山に散骨してくれと話していたそうですが、終活もしていないし、もちろんエンディングノートもありません。

どうしていいかわからないようで、やらなければいけないことたくさんあるそうです。

大変だなと思います。

今回のことで、終活が、いかに大切なのかがわかりました。

50代 終活のすすめ

私も終活を始めるのは60代でいいかなくらいに思っていました。
でも、何が起こるか本当にわかりません。

終活は、残された人たちのためであり、残された人が困らないようにすべてを記録していくべきだなと思いました。

エンディングノート、今は書店にもそのコーナーがありいろいろな種類のものが売っています。
わざわざエンディングノートを買わなくても、普通のノートに書いてもいいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

もしもに備える安心ノート [ エンディング研究会 ]
価格:842円(税込、送料無料) (2018/10/8時点)

楽天で購入

50代の私が、エンディングノートの書きたいこと

決めていること
・お葬式はやらないで、教会でお別れの会をやってほしい。
・夫と同じお墓には入りたくないので海に散骨してほしい。
・遺産はたぶんないので、相続するものはなし
・ブログの収入が少しあるので、その銀行名は記載しておきます。
・負債(借金)もなし。たぶんこれからも負債は作らないつもりです。

そして娘と息子に手紙を書いておこうと思います。

いろいろあったけれど、わが人生に悔いなし

ⅮVでモラハラな夫と結婚して、子供たちにはたくさん迷惑をかけてきました。
やはり仲の良い夫婦ではなかったので、子供たちの心にたくさん傷を負わせてしまったと思います。

貧乏で、いろいろな我慢もさせてしまったし。

でも私は、今が一番幸せだと気が付きました。

夫と同居中、波乱万丈の日々にいつも夢を描いていたこと。
・いつか子供たちと、2DKくらいのアパートで暮らしたい。
・娘と旅行に行く
・NSP中村貴之さんのライブにいく
・毎日、お風呂に入る
・お風呂上りにアイスコーヒーを飲む
・仕事の帰り道、時間を気にしないで寄り道できる
・時間を気にしないででかける
・好きな時間に寝れる
・自分の部屋を持つ

すごく些細なことですが、こんな些細なことでさえできなかった夫との暮らしでした。
自分のやりたかったこと、全部叶っていました。

だから今が一番幸せです。

そんなひと時を過ごさせてくれた子供たちにお礼の手紙を書いておこうと思います。

お母さんは、幸せでした。
わが人生に悔いなしで締めくくるつもりです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

親が終活でしくじりまして [ 寝猫 ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2018/10/8時点)

楽天で購入

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。