妹が介護虐待?!ああ、悲しき認知症



読者の皆様、こんばんは。

今日は、母の住む高齢者住宅に行ってきました。

母は、認知症の進行を止める薬、抗不安剤、そして貧血の薬を飲んでいます。
診察をしないと薬を処方してもらえないので、二か月に一回、私が母を病院に連れて行く係になりました。

スポンサーリンク




妹が介護虐待をしている?今日はとんでもない話を聞いてきました。

私のブログを以前から読んでいただいている方は、ご存知だと思いますが、私たち兄妹もご多分にもれず、介護の押し付け合いをしていました。

簡単に説明すると、兄夫婦が母と二世帯住宅に住んでいて、兄嫁が母の介護をしていました。
そして住宅ローンが払えなくなり、一億円の家を売ることになりました。

その資金繰りのストレスもあったと思いますが、母を施設にいれないなら離婚するとお嫁さんが言い出して、高齢者住宅に入ることになったのです。

読者の皆様、こんばんは。 先日に引き続き、母の介護問題について書きます。 母は、兄を溺愛していました。 過干渉で育てま...

そして介護職をしている妹が、私が母の面倒をみると名乗り出て、妹のマンションから自転車で15分くらいの所のサ高住に入りました。

妹の役目は、ディサービスのない日の昼食を運ぶことでした。

母は、朝食と夕食の食事の契約をしていました。
三食頼んでいる人もいれば、食事は自分で用意する人もいるし、いろいろです。

昼食を頼まなかったのは、節約です、

サ高住の費用は、母の年金だけでは全然足りません。
足りない分は兄が負担するという約束でした。

父の財産を、私の妹は放棄しています。

財産を相続した兄が、お金は出すという話になったのです。

お金はだすけど、あとはよろしくという感じで、兄は母に会いに行かなくなりました。

その後、今まで何回も、妹が介護ストレスで限界だと言い出しました。

私は、今は月に一度しか行けません。
言い訳になるけれど、往復5時間かかり、次の日の仕事に影響が出るくらい疲れてしまいます。

私と兄が、妹に頼りすぎてしまった結果、妹は、自分ばかりに押し付けてずるいというようになり、母につらくあたるようになっていきました。

妹が介護虐待している?これはとんでもない誤解でした。

今日、私が行ったら冷蔵庫の中は空っぽでした。

一日二食は食べれるし、ディサービスの時は昼食もでます。

母は、「妹がもう半月もきてくれないから、食べ物が底をついた。
施設の責任者に相談しにいこうと思っていた」と言いました。

えっ~~と思いました。
妹は、そこまでストレスがたまっていて母の介護を放棄したのかって思いました。

私は、今日帰り際に、施設長に相談に行きました。
施設長は、よく状況を把握していました。

妹が母につらくあたっているのは、介護ストレスからだから、このままでは介護虐待もおこりえる。
介護者のための施設でもあるのだから、妹さんは、お母さんと距離をおくべきだと提案してくれました。

妹はなんでも自分で抱え込んでいたのです。

帰宅して妹に電話をすると、半月も行っていないというのはうそでした。

2、3日前に、パンやおかずをたくさん持っていき置いてきたとか。

誰も来てくれない。
食べ物が何もない。

これは母の妄想でした。

母はもう自分が食べたことも忘れてしまい、目の前にあるものは全部食べてしまっていたのです。

妹がせっせと食べものを運んで、それを母は、せっせと食べては忘れる、これが悲しき認知症です

母がそこまで悪化していると思いませんでした。

よく聞く話ですよね。
一緒に住んで介護してくれる家族を悪く言い、たまに会いにくる子供に言いつける。
これは介護している本人はたまらないと思います。

介護虐待、結局は母の妄想でした。

今後の対策として、昼食も頼むことにしようと思ってます。

月5000円の負担で、済むので、それくらいだったら私もなんとかできます。

そして妹には、しばらく母と距離を置くように話しました。

これで、介護の押し付け合いはなくなると思いたいです。

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。