お盆休みなし、お盆も働く高齢者

読者の皆様、こんばんは。
今日からお盆休みの方も多いのではないでしょうか?

私は例年のことですが、お盆休みはないです、いつもと同じようにシフト勤務です。

今日は、近くの海に行かれる東京からのお客様がたくさんきました。
家族連れを見て、子供が小さい頃の夏休みを思い出していました。

いつも二人で留守番させていました。
いつも肩を寄せあって仲の良い姉弟でした。

7歳も離れていたから、よく面倒をみてくれました。

娘もサービス業なのでお盆休みはないと思いますが、来週一日だけ帰ってくるようです。

お盆休みなし、お盆も働く高齢者

私が勤務するスーパーは一応65歳が定年です。
ただ青果や鮮魚のコーナーは特例で、65歳すぎても働いている人もいます。

みんな元気です。

青果にいる70歳の女性は、57歳の私よりもはるかに元気です。

いつも大きい声であいさつしてくれます。

家に帰るとじーさんと二人だから、働いている方がいいのよなんて言っています。
お子さんたちも帰省しないそうです。
最近は、帰省しないで旅行に行ってしまう人も多いそうですね。

そんな時代なのか。

今日は駐車場の混雑が予想され、警備員のアルバイトがくると聞いていました。

駐車場の誘導の仕事です。

事務所で会ってびっくりしました。

この方たちも、お盆も働く高齢者

二人いらしたのだけど、真っ黒に日焼けして、その顔はしわしわでした。
失礼だけど、どう見ても70歳以上に見えました。

きっと定年後の仕事なのでしょう。

その日焼けの様子から、炎天下での仕事を続けているのだろうと想像できました。

今日も酷暑です。
この酷暑の中、駐車場の整備の仕事、なんだか気の毒に見えました。

お疲れ様ですと声をかけましたが、この炎天下、大丈夫なのかなと心配になりました。

お昼休みに、その高齢の警備員さんは、おにぎり二つとポカリスエットを二本買っていかれました。

70歳すぎても、お盆休みもなく、働く高齢者の現実を見た気がしました。

わが夫も65歳。儲けの出ない自営業にしがみついています。

夫も一度、駐車場の警備員に応募しようかと話していたことがありました。
でも、結局は応募しませんでした。

夫には、何がなんでも家族を守る、家族を食べさせていくという気持ちがなかったのだと思います。

その結果が、一家離散です。

お盆休みもなく働いている私ですが、夫の顔色を見て生きていたあの頃よりも、全然幸せだと思っています。
(身体はしんどいですが・・・)

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。