台風が近づくと気分が落ち込む、その正体は気象病

読者の皆様、こんばんは。

帰宅時、雨はまだそんなに強くなかったけれど、風がすごかった!傘をさせませんでした。

常連のお客様が、海の家を経営されている方がいます。
酷暑の中、忙しかったのか、今日久しぶりにいらっしゃいました。

暑いのは助かるけれど、台風が多いのは困ると仰っていました。

台風が近づいています。
SNSで台風コロッケ食べた?と今回も話題になっています。

台風コロッケって何?イオンの台風コロッケ食べてみた!美味しかったです
昨日、ヤフーニュースで、この記事を見てから、無性にコロッケが食べたくなり、今日は、仕事帰りにイオンに寄って買い物をし...

コロッケは数日前に食べたばかりなので、今日は買ってきませんでした。
今日の夕飯は、鮭となすとトマトのボロネーゼスパゲッティ、涼しいので久しぶりに魚を焼きました。

ところで、気象病という言葉をご存知でしょうか?

気象病とは、気温・気圧・湿度といった気象の変化により、心身の不調につながるものです。

頭痛・関節痛・胃腸の不調・めまい・動悸・不眠・気持ちの落ち込み・肩こり・腰痛などの症状が現れます。
私も、50代になってからこの気象病の症状が顕著に表れるようになってきました。

台風が近づくと、気分が落ち込む、その正体は気象病

低気圧や台風が近づくと決まって、身体の不調があちらこちらでおこります。
2、3日前から頭痛が始まりました。
その後、ひざ痛、腰痛。

今回はそれにプラスして、気分の落ち込みが激しいです。

なんでこんなに落ち込んでいるの?
あ、台風だ、気象病なんだと気が付きました。

浪人生の息子もドーンと落ち込んで勉強しないで、ベッドでボッーとしています。
困った・・

気象病対策に良い食べ物を調べてみました。

★頭痛、関節痛、古傷が痛む場合

・メントール

鎮静作用があり、自律神経を和らげて痛みを緩和させてくれるでしょう。ミント、ハッカ、シソ、バジルなどに含まれます。

・ビタミンC、E、B群

痛みに関する緩和作用が期待できます。ビタミンCやEは緑黄色野菜や果物、ビタミンB群は肉類やキノコ類に含まれます。

★めまい、うつ、イライラする

・カルシウム

精神を安定させ、脳内の神経伝達物質を正常化する働きが期待できます。牛乳、小魚、チーズ、レタス、小松菜などに含まれます。

・ショウガオール

ショウガ独特の辛み成分で血行をよくし、細胞の新陳代謝をよくします。ショウガ、ミョウガなどに含まれます。

・シニグリン

からしやワサビに含まれる辛み成分で気持ちを高める作用があります。辛子、マスタード、ワサビなどに含まれます。引用東洋経済オンライン

カルシウムとりました。

夕飯のサラダは、レタスにチーズを添えて。
あとは牛乳をがぶ飲みしました。

気休めですけど。

あとは、台風が通り過ぎてくれるのをじっーと待つのみです。

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。