サービス付き高齢者住宅で見た、老後貧困の実態

読者の皆様、こんばんは。

暑いという言葉がつい出てしまいます。

今日も酷暑の一日でした。

先日、母の住んでいるサービス付き高齢者住宅に行ってきました。

過去の記事に書いてきましたが、母が自分で描いていた老後の暮らしとは、違ったものになってしまいました。

亡き父も、母も、もう今はなくなってしまった3階建ての二世帯住宅が大好きでした。

父が亡くなった時は、その豪邸を売るなんて夢にも思っていませんでした。

一億円のマイホームを手放した兄が、大切にしているもの
私の実家は、もうありません。 生まれた育ったふるさとも、もうありません。 (東京ですけど)   一億円の家は、兄が売りに出し...

(兄も兄なりに、頑張っていたので、仕方ないです。)

もうすぐお盆ですが、私には帰る実家はありません。
母は、せっせと老後貯金もしていましたが、その貯金はすべて瓦礫の山になりました。

消えた老後資金、母の預金一千万円は瓦礫の山になりました。
11月だというのに、暖かい一日でした。 ここ何日か、猛烈な寂寥感に襲われています。 息子がいるのに、寂しい。 仕事して...

母が認知症になったこともありますが、今、母の貯金通帳は兄が管理しています。
 
サービス付き高齢者住宅の毎月かかる費用は、母の年金だけでは足りません。
足りない分は、マイホームを売って残ったお金から払ってくれています。

サービス付き高齢者住宅で見た、老後貧困の実態

母が入居しているサービス付き高齢者住宅では、平均13万円の費用がかかります。

その建物のある階は、生活保護受給者が入居しています。
生活保護は、東京の単身者で約13万円の支給があるそうです。

なので、生活費保護受給者も入居することができます。

部屋は一番狭いタイプで、食事内容少し違うようです。

ようするに、サービス付き高齢者住宅でもお金がある方、貧困の方とでは格差があるということです。

老後貧困で、最低限の生活しかできない方は、ディサービスなどは一切申し込んでいません。
ディサービスにもお金がかかるからです。

食事も朝食のみの方もいれば、三食の食事を全く頼んでいない方もいます。

母から聞いた話ですが、ゴミ捨ての日、カップラーメンの容器を山のように捨てている方もいるそうです。

また、70歳すぎても、そこから働きに出る方もいます。

そして、母はもう近くのコンビニさえも一人で行けなくなりました。
何度か、迷ってしまい帰れなくなりました。

ちょっとしたコンビニへの買い物にヘルパーさんに頼もうとするとお金がかかってしまいます。

お金がある入居者さんは、毎日のようにヘルパーさんと外出。
美容院や病院、買い物も、お金を払えばどこでも連れて行ってもらえます。
(家族が会いに行かないという現実もありますが・・・)

母は、朝食と夕食を頼み、週三回ディサービスに通っています。
母の利用の仕方は平均だと思います。

ヘルパーさんを頼んで買い物に行きたい
昼食も食堂で頼みたいと母は言い出しましたが、その願いをかなえてあげることはできませんでした。

これ以上、兄にお金を負担させることはできないからです。
このまま、どんどんお金を使っていけば、兄夫婦の老後資金もなくなってしまいます。

お昼ご飯は、サ高住の近くに住む妹が、せっせと運んでいます。
大量においておくと全部食べてしまうにがやっかいな所です。

いつも、サービス付き高齢者住宅では、老後貧困の実態を垣間見る気がします

母には、酷暑の中、暑さ知らずで、ここに住めることは幸せだねと言いました。

うんうんと頷いていた母です。

母が一番溺愛した兄は、もう母に会いに行くことを辞めてしまいました。

みんな自分たちが生きていくのにも必死だということを母はさとって、寂しいとは言わなくなりました。

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。