別居中の夫の夢を見た、おひとりさまの老後は寂しいだろうな・・・




読者の皆様、こんばんは。

今日は、風がさわやかに感じました、そしてどんどん強くなっています。

台風がやってくるかもしれないということで、いろんな場所で花火大会が中止になっています。

子供たちは楽しみにしていただろうに。

集中豪雨、異常な暑さと異常気象が続いています。

やはり二年後のオリンピックを心配する人が多いそうですね。
こんなに暑い東京で?

二年後の夏は、もっと暑くなっていたらどうなるんでしょう。
ちょっと怖い気がします。

昨晩、久しぶりに別居中の夫の夢を見ました。

なぜか子供と夫と4人で、新しい家に住んでいました。
夫は、妻子が出ていかないように、必死にやさしくふるまうのですが、結局はドカーンと雷が落ちます。

私と子供たちは、夫が変わるのではないかと、わずかな期待をしていたけれど、ドカーンと落ちる雷に、あーやっぱりだめかとあきらめるのでした。

そんな夢でした。

また家族4人で暮らしたい、それは私の潜在意識の中にあるのかもしれません。

ありえないことなんですけど。

私も夫も、おひとりさまの老後は寂しいと思うのです。

今は、息子がいます。

息子は、母さん一人だと寂しいと思うから、俺はここにずっといるからと言ってくれています。

寂しくないよ、大丈夫だからと、言ってはみるものの、やはり完全なるおひとりさまの老後はさびしいだろうなと思います。

離婚した夫の介護をしていたみんみんさんの記事を以前書きました。

読者の皆様、こんばんは。 今日は、駅で会う人々が眠そうで、ぐったりとして見えたのは気のせいでしょうか? みんなサッカーを...

その後、残念ながら、ご主人は旅立たれました。

離婚した夫の病院に毎日のように通っていらっしゃいました。
ご主人は、感謝して旅立たれたと思います。

なぜ?離婚した夫に、愛想をつかしたはずの夫にそこまでできるのか。

みんみんさんは、ご主人が亡くなった後、しばらく涙が出てしかたなかったと書かれています。

私が同じような立場になったら同じようにできるのだろうか?といつも考えます。

私の場合は、まだ籍が入っている正真正銘の妻です。
逃げることはできないと思います。

同居中に、夫は私が死んだら、葬式はやらずに、火葬場で焼いて、骨は捨てるからと言っていました。

そんなことを言った夫に、今は、ひとりぼっちは寂しいだろう、ごはんは食べているだろうかなんて心配してしまう私がいます。

憎しみや許せない心を握って生きていたら、自分自身が苦しかった、なので私は夫を許す選択をしました。

夢の中の夫は元気そうでした。

現実は二年間音信不通です。

息子が浪人していることも知りません。

応援していただけると嬉しいです

ブログにお越しくださりありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
(*- -)(*_ _)ペコリ


にほんブログ村


にほんブログ村

シニアライフランキング


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。