認知症の母も愛用中、高齢者向け熱中症対策、おすすめグッズ



読者の皆様、こんばんは。

暑さに身体がなれてきたのか、今日はちょっと涼しく感じました。

私の住む地域も、勤務先のスーパーの地域も、圧倒的に高齢者の方が多いです。
いつもは元気で、毎日いらっしゃる高齢の常連のお客様も、みえない日が多くなりました。
たまにいらっしゃるのは、夕方で、正解だと思います。

昼間に外に出て、ウォーキング?
今の季節は、大変危険な行為です。




高齢者が熱中症になりやすいのはご存知でしょうか?

人間の体の60パーセントは水分と言われています。
高齢になると、その比率が50パーセントになってしまうので、高齢者はとくに水分補給に気をつけなくてはなりません。

私の母は、今年85歳になり、認知症が進行しています。

サービス付き高齢者住宅に入居していますが、やはりいろいろいろいろと心配です。

母は、冷房が苦手なのです。
なのでいつも行くと、暑い部屋にボッーとしていることが多いのです。

認知症が進行すると、暑さもわからなくなるそうです。
少し前に病院へ連れて行く時に、冬のダウンコートを着てでかけようとした時はびっくりしました。

いざという時は、ブザーを押すとヘルパーさんが来てくれます。
あとは食事をとりに食堂へ行かないと、部屋まで様子を見にきてくれます。
それが見守りになっています。

認知症の母も愛用中の、高齢者向け熱中症対策グッズを紹介します。

一番のおすすめはこれ!カバヤの塩分チャージタブレットです。
職場のスーパーでも売れきれ続出中の人気商品です。

あるお客様が、これで熱中症から生き返ったそうです。
夜中にのどが渇き、身体中が金縛りのように、動かなくなり、まず水分をとった、そしてこのタブレットを一粒食べたら金縛りの症状がとけていくのがわかったとか。

熱中症は、水分補給が一番大事ですが、塩分補給も大事だとその話を聞いて、よくわかりました。

カバヤの塩分チャージタブレットをスーパーで見かけたら、買っておいた方がいいと思います。
ツイッターでも、売り切れ中というつぶやきが多かったです。

通販なら、まだ買えそうです。

カバヤの塩分チャージタブレットが手に入らない場合は、こちらがおすすめです。
こちらもタブレットなので、スゥーととけていく感じで、即効性がありそうです。

これは食欲のない時にいいと思い、母の冷蔵庫にはいつも常備してあります。
水分補給にもなります。

こちらは首に巻くスカーフ、水に濡らすだけでひんやりします。
首を冷やすと、身体全体が涼しく感じます。
何回でも使えるのが便利な商品です。

母が熱中症対策グッズで一番気に入っているのがこれです。
昔から愛用しているようで、これを使うとよく眠れるそうです。

ポカリスエットは、点滴をヒントに作られた飲み物、電解質をかんたんにとることができます・
母にはこのサイズがちょうどいいようです。

この温度計は、母の部屋に置いてあります。

顔のマークで、熱中症危険度を教えてくれます。
困った顔になったら、絶対にエアコンを入れるように伝えてあります。

以上、高齢者向けの認知症対策おすすめグッズでした。

コメントの入力は終了しました。