女の職場 嫌われる勇気、さぼってばかりの同僚にイライラ



テレビをつけると西日本の大変な被害状況を知ります。

普通にごはんを食べて、普通に仕事ができて、普通に布団で寝ることができること。

普通の生活ができることが、どれだけ感謝なのかを、改めて知りました。




感謝しなければと思いつつ、女の職場ではイライラすることが多いです。

女性が50人もいれば、いろんな人がいます。
20代から60代まで年代も様々です。

昨年、職場のリーダー的な女性が、退職してしまいました。
代わりに配属されたのが、使えない正社員。

リーダーにならなければならないその社員さん自身がさぼってばかりいます。

みんな見てみぬふりです。

女の職場で嫌われる勇気がないからです。

注意をしたら?、上司に言いつけたら?

嫌われるのではないか、そう思うとさぼっているのを見ても何も言えない人が多いのです。

みんなに好かれたい、みんなにいい顔したい。
だけど心の中はドロドロで、言いたいことも言えずにいると、ストレスもたまってしまいます。

最近はさぼっている人が何人もいます。
リーダーが不在なので好き勝手やっている人がいます。

レジは疲れるから嫌いと、シフトに入っていてもぬける人。
レジが嫌い?
ならば、なぜスーパーで働こうと決めたのか?

性格なのか、まじめに勤務している人もいます。

うまくさぼっている人。
まじめに勤務している人。

同じ時給で働いているわけです。

イライラが最高潮になったので、

女の職場で嫌われる勇気をもって、私は行動にうつしました。

まず上司に相談しまし
上司は、みんな見ていました。

おとなしいパートさんにいやな仕事を押し付けて、自分は煙草を吸いにいき、さぼってる女子社員の行動をみんな知っていました。

そしてたびたび注意をしているのだけど、直らないということでした。

そうなると査定は低くなるでしょう。

やっぱりお天道様は見ているのだと思いました。

そして今日は、30代の同僚が、大学生のアルバイトに自分のレジを押し付けて、さぼりに行くのを見てしまいました。

誰も見てないから?
私は見ていました。

この押し付けも何度も見ているので、私はもうがまんできなくなり注意をしました。

罰の悪そうな顔をして30代パートさんはレジに入りました。

私は、嫌われてもいいと思い注意をしたわけですが、なんだか後味が悪かったです。

女の職場、いろいろあって当然です。
幸いなことにいじめはありません。

要領のいいひとが得をして、要領の悪い人が損をする。
そんな風潮がとても嫌です。

嫌われてもいいからと、注意をするってやはりとても勇気がいることでした。

うるさいオバサンだと思われたかもしれませんね

コメントの入力は終了しました。