アラカンシングルマザー、苦労の末につかんだ幸せ

日本列島で各地での大雨。
特別警報が出ています。

西日本の皆様、大丈夫でしょうか?

横須賀は降ったりやんだりです。
もしかしてあの梅雨明けは間違いだったのかもしれないですね。

アラカンシングルマザーのパートさんがいます。

去年62歳で、入社しました。

スーパーという業界は60歳すぎても、働ける場所です。

そうじと青果とレジの募集の張り紙を見て応募してきました。

60歳で定年退職して、ブラブラしているのはもったいないと思っていたようです。
それで、掃除のおばさんになろうと応募してきたのですが、面接で、レジを進められたらしいです。

(レジは、いつもいつも人手不足なので。)

レジ覚えられるかしらと、とても不安そうでしたが、今はお金を入れれば、おつりも自動で出てきます。
けっこうすぐに覚えていました。

そのパートさんを見て感じたことは、とにかく働き者なのです。
根っから働くのが好きなのだと思いました。

私は、さぼってばかりのパートさんよりこういうまじめな方が好きです。
いろいろと話すようになりました。

20代で離婚し、二人の男の子を育てあげたシングルマザーでした

60歳で定年退職するまで、運送会社で働いていたそうです。

二人を育てるために、必死だった、なんでもやったとそのパートさんは言ってました。

シングルマザー、必死という言葉をきくと、私はまだまだ必死さが足りないのかもと思います。

なんと言っても、57歳で浪人生の息子がいるわけで・・・
そのわりに必死になっていないかも。

アラカンパートさんのお子さん二人はもう結婚していてお孫さんもいます。
二人とも大学まで出されたとのこと。

借りた奨学金はもう返し終わっているとか(お子さんたち本人で返納)

そして今は、長男さんとお嫁さんとお孫さん二人と一緒に暮らしています。

時々お嫁さんや孫と買い物にくるけれど、お嫁さんがすごくいい子なんです。
まるで実の娘のように見えるくらい仲がいいです。

シングルマザーで、女手一つで苦労して子供を育てた末に、老後は孫に囲まれてくらす

毎日の晩酌が楽しみだと話しています。

理想の老後だと思います。

息子さんが一緒に暮らそうと言い、一人暮らしをしたことは一度もないそうです。

その方を見ていると、私もがんばろうと思います。
そして早く孫を抱きたいとも思います。

いつになるのか。

娘ができ婚でもしない限り、遠い日になりそうです。

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。