熟年離婚の原因 第一位は、一緒にいるのが苦痛

スポンサーリンク

読者の皆様、こんばんは。

今日は、お休みだったのですが、部屋でゴロゴロしていました。
体中が痛くて、何だろう?この痛み。

普通にしていたつもりだったのですが、息子に悟られました。

なんかあった?
機嫌悪いね。

別に。

息子もイライラしていたらしく喧嘩が勃発。
夫婦じゃないんだから、母親の私が我慢するべきなのでしょうね。

先日、この記事に書いたPTA仲間から、無事に熟年離婚が成立したという連絡がありました。

熟年離婚、定年退職した夫に女がいた・・・
仕事帰りに、最寄駅のスーパーで買い物をしていると偶然にPTA仲間に会いました。 久しぶりに会ったKさんは、とても疲れて...

離婚に応じてくれなかったら、裁判までして闘うと言っていたのですが、案外すんなりと離婚できたようです。

私は熟年離婚はしていません。

したくても、離婚に応じてくれません。
調停や裁判までして闘ってまで、離婚を勝ち取るメリットは何もないと感じました。

闘う元気もないと言った方が正しいかもしれません。

熟年離婚の原因、第一位は、一緒にいるのが苦痛

空気みたいになってしまえば、いいのでしょうが、一緒にいるだけで苦痛という状態は相当つらいと思います。
私の場合は、夫が帰ってくるのが苦痛、そして夫の休日が苦痛でした。

なぜかって、いつ怒りの導火線に火をつけてしまうか、わからないから。
些細なことで、キレられないように、いつもビクビクオドオドしていました。

それは、私だけではなく子供たちにも悪影響を与えてしまったのです。
二人とも、私も自己肯定感はかなり低いままです。

熟年離婚の原因、いろいろあります。

一緒にいるのが苦痛のほかに。

・性格の不一致
 長年の我慢も限界がきます

・価値観が合わない
 これは、どうしても埋められない溝だと思います

・老後の暮らし、セカンドライフプランが異なる
 どうせなら自分の思い描いた老後を過ごしたいです。

・退職金が出るまで待っていた
 退職金のために、長い間がまんしている人も多いと思われます。

・定年退職後の夫との(妻との)日常に耐えられなくなった
 一緒にいるのが苦痛と同じ部類に入ります。

・DVといった肉体的虐待があった
 これは声を大にして言いたいです。一刻も早く別れるべきです

・モラハラといった精神的虐待があった
 モラハラは、精神をおかしくしてしまいます。
 病んでしまった人も多いと思います。

・浮気や不倫
 友人の理由はこれでした。
 どうしても許せなかったそうです、プラスモラハラ気味でもあったそうな。

・介護問題
 親の介護を負担させるという理由も増えているようです。
 兄の奥さんも離婚宣言しました。

お義母さん大嫌い!お義母さんを施設に入れないなら、離婚する
読者の皆様、こんばんは。 先日に引き続き、母の介護問題について書きます。 母は、兄を溺愛していました。 過干渉で育てま...

★妻が風邪をひいたら、夫にやってほしいこと。
 ごはんは?その一言が熟年離婚のきっかけになった。
 熱を出して寝ていたとしても、ごはんは?
 ムカつきます、悲しくなります

一緒にいるのが苦痛な夫といるよりも、おひとりさまの老後を選択する、ありだと私は思います。

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。