ブログは、感情を吐き出す場所

読者の皆様、こんばんは。

今日は、西城秀樹さんの葬儀でした。

63歳は、早すぎる死でしたけれど、たくさんの方に愛されていたのだなと思いました。

芸能界の方とは言えど、寂しいです。

帰宅して、パソコンを開き、50代のカテゴリーを見ました。
あるブロガーさんのお別れともとれる記事が目に飛び込んできました。

たぶん、私と同じ悩みをもっている方なので、ひそかに応援していました。
なんだか他人事とは、思えなくて、お元気な記事を拝見すると、ホッとしていました。

いつも心の中で、頑張って、私も頑張るとつぶやいていました。

本音を書けないくらい、つらいことも、生きていればあります。

寂しいですけれど、いつか戻ってきてほしいです。

私にとっては、ブログは感情を吐き出す場所でした。

自分で、後で読んで、暗いなぁ、自己否定強すぎるよとか、分析したりして。
自分のブログなんだから何を書いてもいいわけです。

私の場合、ブログに感情を吐き出すことによって、いろんなことを乗り越えてきました。
まだまだ悩みもあります。
落ち込む時もあります。

でもブログを書いていると、頭の中の整理もできるし、自分の感情を分析することもできました。
何よりも前向きになれます。

ブログを書いていて、自分の性格の分析もできました。

子育てにおいて、自分が失敗したこと。
結婚生活でも失敗したこといろいろ気がつき、時には反省もできました。

そして同年代の方のブログは、参考になったり、共感したり、反感もったりいろいろです。

人それぞれ生き方も違うし、考え方も違う。
いろいろな方がいて当然です。

最近、思ったこと。

やはり他人様の批判は書いてはいけない。
批判意見はやめようと思っていました。

でも、今日は書きます。
(これが批判になるかどうかわかりませんが)

不快なブログは読まないというある方の記事に関して。

とっさに思ったのは、私のブログはたぶん、不快なブログなんだろうなって。
不幸な話とか、苦労話ばかりですから。

もしかしたら、どなたかを不快にさせているのかななんて思いました。

その方は、苦労話のブログを読まないと宣言されているので、この記事も目に留まるかわかりません。

生きていればつらい事も悲しい事もあるし、楽しいことも、喜びもあります。

明るく元気に楽しくブログを書きたい。
でも、そうできない時もあります。

不快なブログを読まない、そんなことを文字にしなくてもいいのにと思いました。

すみません。
またまた本音を書いてしまいました。

でも、私はこれからも、自分のブログには本音を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。