SNSで嫌われる発言って?ブログの世界でも言えることかもしれない



読者の皆様、こんばんは。
明日は節分ということで、今日から店頭には、恵方巻がたくさん並んでいました。

お寿司だけではなく、パン、スイーツのコーナーもなぜかすべて恵方巻。

恵方巻、すっかり定着しました。

わが家は、明日買う予定です。
がぶりつかないで、切って食べます。

願いが叶うなんて信じてないですから・・・




SNSで嫌われる発言とはという記事を読みました。現在はインスタグラム、そしてツイッターの時代です。

私の娘もおいしいお店を探す時は、インスタグラムで探しています。

お店の名前を検索すると、おいしそうな、それこそインスタ映えしてる料理がズラッと出てきます。

ここおいしそう。
食べたい。
行ってみたいと、すべてインスタの写真で判断しています。

私は未だに、食べログを頼りにしています。

50代の皆さんは、インスタとツイッターをやっていますか?

私は、アカウントはとってありますが、たまにのぞく程度です。
投稿も発言もしたことがありません。

ブログだけで、精いっぱいかも。

SNSで嫌われる発言とは?これはブログの世界でも言えることかもしれません。

一番嫌われるのは、リア充を連呼する人だそうです。

リア充とは?
SNSやブログのつながりではなく、現実の世界が充実していうことをいうそうです。
リアルが充実しているってことなのですね。

ブログの世界でも、本人は自慢しているつもりはなくても、読み手にとっては自慢しているように見える場合が多々あると思います。

今日は、○○ホテルで○○ランチを友達と食べに行きました、という類の記事ですね。
たまになら全然ありだと思いますが、しょっちゅうだったら?

私もfacebookで、ママ友があまりにもリア充を書き続けるので、友達登録を解除したことがあります。

今日は、○○ホテルのラウンジでお食事。
今日は、ダーリンから花束をもらったとか。

幸せ感満載だったのです。

貧困母子家庭での暮らしがつらい時、そんな記事は見たくないものです。
(ただの妬みかもしれませんが)

その友人がある日、本音を書いていました。

耳に障害を持っていることを告白したのです。
補聴器をつけることの報告でした。

元々難聴だったのが、最近ほとんど聞こえなくなったとか。

そのようなことをSNSで告白するのは勇気がいることだと思いました。
リア充だと思っていた影に、そんな悩みがあったとは、びっくりしました。

もうひとつ嫌われる発言というのは、ネガティブすぎる発言ばかりする人です。

死にたい。
生きているのがいやになった。

なんて書いていたら、あの座間事件の首つりしのような人に狙われてしまうかもしれませんし。

確かにネガティブ発言しかしない人のつぶやきとか、ブログ記事は、読んでいて暗い気持ちになってしまうから敬遠されるかもしれません。

そんな私も、たまにブログに、ネガティブ記事書いていますが。
(すみません)

あるブロガーさんが、心に闇がある人はブログを書くべしという記事を書いていました。

闇を吐き出すことにより、すっきりする場合もあるとか。

私の場合、自分の心の中の整理にはなっているなぁと思います。

ではでは。
今日も私のブログにお越しくださりありがとうございました。

コメントの入力は終了しました。