老後貧困の恐怖 働かない旦那は、早く〇んでほしい

スポンサーリンク

今日は、給料日でした。

不二家のペコちゃんのほっぺを買ってきて、食べました。
ささやかな幸せな時間です。

ふわふわ感が好きです。

今日は、職場の60代前半のパートさんの話を書きます。

勤務40年の大ベテランですが、とても苦労をしています。

老後貧困の話題になりました、40年ずっと貧困な理由とは・・・

旦那さんは自営業です。
なので定年はないのですが、仕事に波があり、仕事がない時は、昼間から飲んでいるそうです。

仕事がないから飲む、飲むからお金が無くなるの悪循環で、40年間やってきたとか。

持ち家はありますが、ナント築100年、
いつどこが壊れるかわからない恐怖とたたかっているそうです。

トイレでも、外壁でも、どこか一つでも壊れても、修繕費などないという。
住めなくなるのも時間の問題と嘆いていました。

そのパートさん自身も、そんな境遇に嫌気がさしたのか、とにかく飲むのが好きです。
白いご飯は食べなくても飲む方が優先と言っていて、そのせいかガリガリに痩せています。

今日は給料日なのに、荒れていました。
旦那さんが一週間働いていないそうで、自分の給料をあてにされるのがすごくムカつくと。

老後貧困はもう抜け出せないけど、働かない旦那なんか早く〇んでほしい。

そのパートさんは、早くいなくなってほしいと本気で思っているようでした。

旦那さんは、年下なので年金受給もまだ何年かあるので、家計は相当苦しいらしい。

(人のことは言えませんが・・。)

私の夫はDVでモラハラでしたが、飲めない人でした。
飲むことでストレス発散できていたら、精神もおかしくならなかったのかもと思ったこともあります。

職場にはもう一人、旦那に〇んでほしいと思っている60代のパートさんがいます。

その旦那さんも同じく働いていません。

脳溢血で倒れ、働けなくなったのです。

脳溢血になったのは、糖尿病が原因とかで、食事作りが大変なそうです。

入退院を繰りかえし、なけなしの貯金は減る一方。
介護と仕事と育児の両立で、疲れたが口癖、そして、旦那さんの悪口を繰り返しています。

昨年の暮れに倒れたのは、二回目なので、今度は三回目の正直で〇んでほしいとも言っています。

60代も中ごろまで、立ち仕事8時間という激務をするパート仲間たちには、みなそれぞれ事情があるようです。

自分が老後貧困に陥るなどと誰も思っていなかったと思います。
もちろん、私もです。

娘がいなかったら。
息子がいなかったら。

私は頑張れていなかったと思います。

息子が大学生になり、社会人になるまで、あともう少しの辛抱です。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。