子供に迷惑をかけたくない、自立した老後を目指します。

スポンサーリンク

読者の皆様、こんばんは。

今朝は寒かったですね。
もう布団から出るのが嫌で嫌で・・

そう思いつつも休むわけにはいきませんので、エイッと出ました。

テレビをつけると、今日はセンター試験ですというニュース。
決まってうつりだされるのは、雪国の受験風景。
毎年、大変だなと思ってみていました。

大学入試センター試験は、他の季節にしては?という意見もあるそうです。

雪国の、受験風景をテレビで見ていて、皆さん、親御さんが車で連れて行ってるようでした。
受験生の親御さん、皆同じ思いで、送り出しているのだと思います。

ガンバレ、緊張しないで、いつもの自分で。

親としては、あとは祈ることしかできません。

私は、ここを朝7時に出なくてはならなくて、息子はまだ寝ていました。
大丈夫かなと後ろ髪ひかれる思いで、仕事に行きました。

息子が今日、センター試験を受けたことなど、夫は知らないと思います。
知らぬ存ぜぬです。
なぜって、費用の負担をしたくないからだと思います。

わが子のことより、自分の身を守るのが精いっぱいなのだと思います。

私が、一人親になり、母子家庭となってしまったこと。
貧困から、息子には、いろいろ可哀想な思いをさせてしまったなと、仕事中に思っていました。

そんなことから、私はこれからも老後も、ずっと子供に迷惑をかけたくないという気持ちは強いです。

息子は、夜6時過ぎに帰宅しました。
いつかの模試では、打ちのめされて帰宅したことがありましたが、今回は打ちのめされてはいませんでした。

聞いてはいけないと思いつつ、どうだった?と聞いてしまいました。

まあまあだと答えました。

私は、今でも自分を責めてしまいます。
私の間違った結婚のせいで、子供たちにつらい思いをいろいろさせたからです。

まぁ責めた所で、過去も未来も変わりませんが。

息子はよく、なんで俺を産んだ?と私を責めました。
産まれてこなければよかったという今までの人生だったのかもしれません。

先日、いろいろ苦難を乗り越えた、娘が、産んでくれてありがとうと言ってくれました。
ホッとしたし、うれしかったです。

今度は、息子が産んでくれてありがとうと言えるような、幸せをつかんでほしいと思っています。
大学受験がすべてではなく、その後の生き方が、一番重要ですが。

子供に迷惑をかけたくないと思いつつも、奨学金という借金は負わせてしまいます。

両親がそろって、普通の家庭だったらしなくてもいい苦労が、これからもあると思います。

貧困の連鎖を断ち切り、自立してほしいです。

私は、私で自立した老後を目指します。

そのためにも、健康でいなくてはと思います。
そしておひとりさまでも楽しく生きていける方法を身につけなくてはと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。