断捨離強化月間 物を捨てるのって気持ちいい‼過去の自分も断捨離します

今日は、お休みだったので、朝から片づけを始めました。

朝起きてすぐに、今日が町内の廃品回収の日だと気が付きました。

10時までには出さないと、置いていかれます。
慌てました。

12月、大掃除もしなくてはならないし、物を捨てるには良いチャンスです。
今月は、断捨離強化月間とすることを決めました

今日、断捨離したもの
・焦げ付いてしまったフライパン
・お風呂にあった整理かご
・白いダウンジャケット
・何年も着ていなかったセーター二枚
・シミだらけのパジャマ
・穴のあいた靴下
・使わないお弁当箱

物が捨てられない私、これは母の呪い?断捨離ブログを読んで感じたこと
私は物が捨てられません。 これは貧乏症なのか? ケチなのか? 物持ちがいいのか? なぜだかわからないけれど、物を捨て...

何年も着ていない白いダウンジャケット、ついに断捨離しました。
すごい勇気がいりました。

ゴミ袋に入れる寸前、やっぱりもったいない。また着るかもという思いがこみ上げてきました。
その思いに負けずに、捨てることができました。

ゴミ捨て場に置いきて、なんともすがすがしい気持ちになりました。

物を捨てるってこんなに気持ちのいいことなんですね。

このアパートに越してきて一年ですが、いらないものがたくさん増えていたのにはびっくりです。

職場でもらったサンプル品もその一つ。
使わないのに、無料だというだけでもらってきていました。

結局は捨てることになります。

(;”∀”)

この習慣は、絶対に直さないといけないと反省しました。

断捨離をしていたら、私たちの人生は変わっていたのかも。物への執着が異常だった夫
昨晩は、涼しいせいか爆睡できました。 久しぶりに夢を見ました。 別居中の夫が出てきました。 顔の表情までは覚えてい...

元わが家は、こんなもんじゃなかったです。
文字通り物が、あふれていました。
夫は今、64歳ですが、夫の学生時代の教科書やノートまでとってありました。

夫の部屋は、足の踏み場もないくらいで、倉庫と化していたのでした。

56歳で他界した義母、早く人生を終えたいという言葉は本音ではなかった
昨日、57歳になりました。 56歳も57歳もなんだか同じような感覚で、年取ってからの誕生日というのは、憂いの方が大きい気がします。...

35年前に亡くなった義母の洋服、着物、くつ、カバン全部とってありました。
義母の闘病日記まで、出てきましたからね。

夫の一族は、物を捨てることができない人たちでした。
私も捨てることができない人間でした。

そんな二人が結婚して幸せになれるはずもなく・・・
今、一家離散ということになってしまいました。

断捨離をしていれば、変わっていたのかと思うこともたびたびあります

そして。

あの時、あーすればよかった、こーすればよかったと過去を悔やむ気持ち。
夫を許せない気持ち。

自分は世界一不幸だという気持ち。

こんな過去のマイナスな思いと、過去の自分はすべて断捨離してしまおうと思います。

これからは、すっきりした気持ちで生きていきたいです。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。