貧乏だから安い物を買うのではない、安い物を買うから貧乏になる。

なぜ、いつまでもお金に苦労しているのだろう。

この状況から脱出したい、貧乏性を治したいと思い検索してみました。

貧乏だから安いものを買うのではない。
安いものを買うから貧乏になる。

こんな記事を読んで、まったくその通りだと思いました。

貧乏性の人が大好きなものって、格安商品です。
「少しでも安いほうがお得」と思ってしまうのです。

私100円ショップ大好きです。

そしてスーパーの見切り品コーナーも大好きです。

たぶん、目をキラキラさせながら、安い物を買いあさっているのだと思います。
(恥ずかしい・・・)

たまに100円ショップでは、100円ならいいみたいな気持ちになり必要のないものまで買ってきてしまいます。
100均グッズをたくさん買ってきて、満足感を得る。

貧乏性そのものです。

息子は、100円ショップが嫌いです。

息子や娘には、私の貧乏性が伝染していなかったみたいで。
(ヨカッタ)

 

格安商品って、やはり安かろう悪かろうが多いんです。
壊れやすくて長持ちせず、買い直さなければいけなくなります。
節約のために安いものを買っていても、何度も買い直すことになると、浪費につながります。

息子はこれに気が付いて、100均嫌いになりました。

高校生の息子に、よく怒られていました。

また100均?
やめなよ100均と・・・

そんな息子もたまには100均で買いものをしてきます。
ノートとか使い捨てマスクとか、たいして品質に違いはないもののみです。

100均でも良いものはあるんで、ちゃんと見極めることが大事だと思います。

先日、テレビで見て、大ヒットしていると聞いた、だし巻き玉子を電子レンジで作れるというグッズ買ってきました。
ずっと売り切れだったのですが、やっと買えました。

これ本当に、簡単にだし巻き玉子が作れました。

これは、買ってよかったと思った一つです。

そしていろいろな記事を読んでわかったこと。

節約とケチは違うということ。

本当に必要なものは、大金を出してでも買っていいということです。

でも収入の低い人は、貧乏性から抜け出すのは難しいと書かれていました。

はぁ・・やっぱりそうなんですね。

もっと収入を増やすのが一番。

副業をもっと頑張ろうと思います。

それからお金がないという言葉を言い続けていると、お金が逃げていくそうです。
私、お金がないが口癖になっているかも・・・

まずは、そのお金がない発言をやめようと思います。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。