DVモラハラから逃げて、5つの願いごと。

荷物の整理をしていたら、一年半くらい前の日記帳が出てきました。

日記と言うより、普通のノートになぐり書きのようなものです。

一年半前と言えば、夫の家を飛び出して三ヶ月位の頃です。
あの頃は、今以上に生きるのに必死でした。

二人でやっていけるのか、夫が、ストーカーしてくるんじゃないか不安だらけでした。

その日記には、自分の願い事が、5個ほど書かれていて、そのうちの2つの願い事が叶えられていました。

1つは、2DKに引っ越す事でした。

今思うと、本当にこんなに早く引っ越せるとは思っていなかったので、ちょっとびっくり。
安い物件なので、いろいろありますが、私と息子、一人づつ部屋が持てたことは、本当に感謝です。

2つめは、娘の過食症が治ること。

これは、本当に心からの願いでした。
愛情不足?
あんな夫と結婚したから?

娘の将来は、どうなるの?

心配を通り越して、私は自分を責めました。

治るきっかけは、やはり彼ができてからなのですが、その彼とは、別れてしまいました。
自分の心の寂しさを、食べることで、満たしていたのだと思います。

食べてしまって、今度は太るのが怖いからと、のどに指を突っ込んで吐く。
そんなことをしていた時期もありました。

これはあとから知ったことなのですが、モラハラ父と同居中、つまりまだ4人で暮らしていたころも、
娘は、過食嘔吐を繰り返していたそうです。

私、気が付かなったのです。

どうしようもない母親です。

私に、心配かけたくないと、隠れて、過食嘔吐していたらしいです。

私は、夫から子供たちを、必死に守っていたつもりでしたが、実は守っていなかったのです。

最後、娘は、自分で乗り越えました。

私の願い事、二つ叶いました。

あと三つの願い事も、叶うといいのですが・・・

大きな願い事は、息子が志望大学に合格することです。

私が母親としてやるべきこと。
二人の子供たちの人生を、修正することです。

間違った結婚をして、子供たちにもいろいろと迷惑をかけましたから。

息子も、同じような言葉を言っています。

思考は現実化する。
だから未來は、よくなると信じる、
未来の成功した自分をイメージする。

そういいながらも、孤独と不安の戦いだと思います。

父親不在、そしていつも疲れている母。
誰かを頼るなんて、無理なので。

全て終わったら、塾の講師のバイトをして、母さんに恩返しする。
そんなことも言ってくれます。

その言葉が現実になることを願うばかりです。

スポンサーリンク