私が、夫と別居して、良かったと思う瞬間

今日は、すごく疲れました。

体調が、悪いのはたぶん、気圧のせい。
台風が近づく季節は、いつも体調が悪くなります。

頭痛と、吐き気と、全身の倦怠感です。

台風がいってしまい、今朝、雨はやんでいました。
でも朝、起きた瞬間、頭が痛くて、仕事を休みたい、行きたくないって思いました。

今、人手不足なんで、今日、休んだら迷惑をかけるだろうと、なんとか気を取り直して、行きました。

今日は40代のパートさんが、多く出勤していました。
旦那さんの扶養内で働く4時間勤務の方が多いのです。

午前中で帰る人、うらやましくなりました。

旦那さんという大黒柱がいるので、扶養内で働けばいい方たちがうらやましいと思いました。

かつては、私もそうだったんですけど・・・
最後の方は、生活費もくれなくなって、私のパート代ばかりあてにされていました。

でも、そんな夫と別居して、本当に良かったと思います。

今日は、帰宅してすぐに、布団に倒れこみました。
(10分間ウツウツ、これだけでずいぶん疲れがとれます)

布団に倒れこんだ瞬間、あ~夫と別居して良かったと思いました。

同居中は、仕事を終えて、家に帰るのが、すごくいやで、憂鬱でした。
今日は、機嫌悪いだろうか、また追い出されるだろうか、そんな心配ばかりしていました。

今は、早く帰りたいってすごく思います。

ゆっくりできる場所、自分の居場所があるっていうのは、私にとっては幸せなことなんです。

あと、別居して良かったと思えること。

・夕飯作り、疲れた時は、思い切り手抜きができること。

・掃除を、毎日やらないですむ。

夫と同居中は、どんなにクタクタでも、最低限、居間と台所の掃除はしなくてはなりませんでした。
そして、最後は庭掃除。
葉っぱが一枚でも落ちていたら、罵声が飛んできましたから。

あの豊田真由子議員のように。

お前は生きている価値がない!

完璧に家事をこなさないと、そんなふうに言われていました。

・お風呂にゆっくり入れること。
 これは本当に幸せです。
 お風呂は夫が、入らないときは、私たち家族も入れませんでした。

汗びっしょりでも、水で濡らしたタオルで体を拭いたり、子供たちはデオドラントシートで体を、拭いていました。
・お風呂あがりに、アイスコーヒーを飲んでのんびりすること。
 これ夢だったんです。
 やりたかったんです。

私の至福のひと時です。

そして、最後は、自由に外出できること。
好きな時間に出かけられて、好きな時間に帰れる。
これは、おひとりさまの特権ですね。

旦那さんがいたら、やっぱり難しい方も多いかもしれないです。

こんな感じで、夫と別居して良かったと思える瞬間は、本当にいろいろあります。

その変わり、大変なこともたくさんあります。
苦労もあります。

楽な人生なんて、ないんじゃないかなって思います。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

応援していただけると嬉しいです

おひとりさまランキングよろしかったら、応援してください
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。