カレーが、認知症予防に効果があること、知ってますか?

認知症、必要以上におそれることはないと思いますが、できればなりたくないですよね。

最近、カレーが認知症予防に効果がるという話を友人から聞きました。
皆さん、ご存知でしたか?

カレーの中に入っているウコン(ターメリック)が認知症予防に効果があるということです。

ウコンが入っている黄色いカレーだけだそうです。
グリーンカレーやレッドカレーでは、効果がないということです。
(グリーンカレー好きなんですけどね、残念)

ウコンによる認知症予防効果は優れており、カレーを頻繁に食べるインドでは、圧倒的に認知症の発症確率が低いことも知られています。

ウコンにも様々な種類があるのですが、ほとんどのウコンには「クルクミン」というポリフェノールの一種が含まれており、このクルクミンが抗酸化作用としての働きがあり、認知症予防としての効果があります。

クルクミンには、アルツハイマー病を引き起こす「アミロイドβタンパク」の脳内蓄積を大きく減らしてくれます。

カレーを食べることで、アルツハイマー病の因子を取り除くことができるということです。

その結果、認知症発症を先んじて予防することにつながります。

また、アミロイドβタンパクが集まると脳内の神経細胞を破壊する「老人斑」が形成されてしまうのですが、クルクミンはこの老人斑までも分解してくれるのです。

アルツハイマー病の原因になるアミロイドβタンパクの蓄積阻止、そして老人斑ができるのを防いでくれる。ウコンの入った黄色いカレーが、アルツハイマー型認知症を撃退してくれます。

他にも、クルクミンにはがん予防効果や肥満予防効果があるので健康に良いです。

肥満状態は脳にも悪いので、間接的な認知症予防としての役割も担ってくれます。出典 認知症予防で家族を守る

週に、2、3回食べることがおすすめだそうです。
その中でも、一番おすすめは野菜カレーということで、今日は鶏肉と野菜のスパイシーカレーを作りました。

週に、2、3回というのは、いくらカレー好きでも、ちょっときついような気がします。
あきてしまいますよね。

カレーうどんや、スープカレーにするのもいいかもしれません。

今日は、近所のスーパーに行ったら、赤いピーマンが売っていました。

パプリカではないのです。

赤いピーマンってめずらしくないですか?
カレーに入れてみましたが、緑のピーマンと味は同じような感じでした。

あとはじゃがいもと、業務スーパーの冷凍野菜を入れました。
お肉は鶏の胸肉を使用しました。

ルーは、イオントップバリューのスパイシーカレー辛口にしました。
10皿分の大箱が98円です。

最近は、イオンのトップバリューも気にいっています。

もう一品はなすと、ピーマンのそぼろ炒め。
なすとピーマンは、相性がいいですね。

今回も焼肉のたれで味付けしました。

それから、レタスとトマトのサラダでした。

それにしても、週に、2.3回カレーを食べるというのはきつい気がしますが、
あのプロ野球のイチロー選手が、毎朝カレーを食べていると聞いたことがあります。

次回は、ポークカレーを作ろうかと思います。

ご訪問ありがとうございました。

スポンサーリンク