自分に甘すぎる!太ったオバサン

今日は、大雨でした。
普通にTシャツにGパン、スニーカーで仕事へ行ったこと。

大失敗です。
油断しました。

ちゃんと天気予報を見たのに、こんなにすごい雨風になるとは・・・

傘をさしてもびしょ濡れになり帰宅しました。

レインブーツも、レインコートも持っていないので、
ほしいなと思いました。

最近、おしゃれに無頓着でした。
いや、最近というより、もう何年も前から、おしゃれをしたい、きれいにしたいという気持ちはなくなっていました。

やっぱり貧乏になってからか。
自分の洋服なんて買う余裕はなくなっていきました。

そして元わが家を出た時は、お気にいりのものしか持ってこなかったのです。
何しろ、息子と住み始めたのはワンルームでした。

収納が全くない。
洋服ダンスをおく場所もない。

必要最低限の洋服しかありませんでした。

パジャマに至っては、すべて母のお古。
母が断捨離する時に、いろいろともらってきました。

カシミアのセーターなんかもあったけれど、虫に食われて、穴だらけでした。
結局、洋服は全部捨てました。

母はパジャマだけでも、20着くらい持っていました。

良い言い方をすると、物を大事にする人。
悪い言い方をすると、物に執着しすぎたということです。

捨てるのがもったいないという気持ちが強いのです。

昭和一桁生まれ、戦後の物のない時代に生きてきたから、そういう気持ちになるのは仕方ないことなのかもしれません。

母が大事にもっていたものは、すべて手放すことになりました。

話を、元に戻します。

昨日、スーパーの大きな鏡に、太った、疲れたオバサンがうつっていました。

私でした。

ギョエー。

太ってる

顔が疲れている

髪の毛、ぺっちゃんこ。

これが私なんだ!と思ったらちょっと悲しかったです。

実は、二年前に糖質制限ダイエットをして、最大で8キロやせたのです。
それで満足して、ある日をさかいに、菓子パンを食べだしました。

大リバウンドです。

自分へのご褒美なんていいわけして、菓子パンを食べまくりました。
痩せるのは難しくても、太るのは簡単でした。

とにかく、食べること&甘いものが大好き、そして自分にも甘いのが私です。

このままではもっと疲れたデブオバサンが進化していくなと、反省しました。

おしゃれをする余裕がない。

それって自分の言いわけにすぎない。

ただ無頓着になっただけ。

アラフィフでも50代でも、素敵に年を重ねている方はたくさんいます。
50代のおひとりさまの友人がいつも言っている言葉を思い出しました。

小ぎれいなおばあちゃんになりたいって。

おしゃれな洋服や靴、バック、いろいろは買えないかもしれないけれど、
自分に気持ちしだいで、小ぎれいにはできるはず。

今日は、ふろ上がりに、ちゃんとオールインワンクリームを塗ろうと思いました。

demo…monburan oisisoudesu

最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク