フェイスブックで、別れても好きな人をみつけちゃいました。

昨日にひきつ続き、フェイスブックネタです。

フェイスブックに登録して、まず最初に、やったこと。
小中高時代の友人を検索してみました。

女性は、結婚して名前が変わっているせいか、誰も出てきませんでした。

次は、中学時代の初恋の人の名前を検索してみる。
こちらも残念ながら出てきませんでした。

全員がフェイスブックを登録しているとは限らないのですね。

そして今度は、25年前に、別れた別れても好きな人を検索してみました。
いつも、どうしているか、元気だろうか、どんな年の取り方をしているのだろう等々
思いめぐらしていたのです。

別れても好きな人は、フェイスブックに登録していました!

その名前を入れたら、出てきました。

第一印象。

えっ~~~~~!でした。
髪型は変わっていなくて、長髪のボウボウ頭なのに、半分以上が白髪になっていました。
銀縁のめがねもかけていました。

そうそう、25年前、いつも目を細めて、本を読んでいたっけ。

やっぱり目が悪くなったんだ。

それにしても、年をとった。

これはお互い様なわけですが・・・

会いたいとか、まだ好きという感情は全くなくて、とても懐かしい気持ちになりました。

25年前、携帯もスマホもありません。
連絡方法は家電だけ。

その頃、私の職場に毎日電話をくれて、毎日会っていたっけ。
そんな楽しい日々がずっと続くと思っていました。

でも結果的に、私はふられてしまったのです。

親が決めた人とお見合いし、結婚しちゃったのです。
(俗にいう政略結婚?!)
お互いの会社のため?

とにかくよくわからないけれど、私は捨てられたのです。

でも恨みつらみはなくて、ずっと好きでした。

その22歳の別れで、私の人生はとんでもない方へ・・・・

その後は、誰も好きになれませんでした。
いろいろな出会いがあってもです。

それで、30歳の時に夫と出会い、一年足らずで結婚しちゃいました。
親もうるさいし結婚を焦りだし、可哀想な人だと思う同情の気持ちを、愛情と勘違いした焦り婚でした。

とても可哀想な生い立ちの話を聞きました。
いわゆる機能不全家族というやつ。

人生は苦しみ、楽しいと思ったことは一度もない。

そんな夫の言葉をきき、私は同情心で、私がなんとかしてあげよう、私の愛情で変わるかも。
そんなふうに思ってしまったのです。

それがすべてもの間違いでした。
性格も価値観も、そんな簡単には変わりません。

夫のモラハラが発覚したのは新婚旅行先でした。
そして波乱万丈の結婚生活をおくることになってしまったのです。

本当に、バカな選択をしてしまいました。

フェイスブックでみつけた、私を捨てた彼。

その後、メッセージをおくるとか友達申請をするとか、そのような愚かな行為はしませんでした。
彼には、奥さんも子供もいます。
私にも、まだ戸籍上の夫がいます。

いい思い出として、心の中にしまっておきます。

別れても好きな人を歌っていた、シルビアさんは、離婚してシングルになり、息子さんを残して、天に召されてしまったことを思い出しました。
無念だったろうな・・・。

22歳の別れ、この歌もよく聞きました。

昭和の時代が懐かしいです。

くだらない話にお付き合いくださりありがとうございました。

応援していただけると嬉しいです
お寄りいただきありがとうございます。記念に応援してくださるとうれしいです。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク