節約にピッタリな野菜、豆苗は二度美味しい

最近、食後に、猛烈な眠気に襲われます。

それは糖質依存症の原因かも!

しばらく糖質の多い食事は、控えようかと思います。

白いご飯の量も、少な目にして、ダイエットがんばないと・・・

あとは、野菜中心、野菜たっぷりのおかずを心がけています。

今、お気にいりの野菜が豆苗です。
一袋、98円と安めです。

この豆苗、栄養たっぷりで、節約にピッタリな野菜だと思います。

この豆苗、二度、美味しく食べられるのはご存じですか?

このように切って調理したあと、水につけておくと、どんどん伸びて、一週間後には、もう一度、食べることができます。
毎日、水を取り替え、日のあたる所に置くだけで、勝手に育ってくれました。

今日は、その豆苗に、冷蔵庫の残り物、サーモン味のかにかま、ちくわ、きゅうり、ぶなしめし(レンチンしたもの)を、ドレッシングであえてサラダを作りました。

今回は青じぞドレッシングにしました。

ドレッシングを変えることで、サラダもガラッと変わります。

わが家は、ゴマ味と青じそ味を常備しています。

イタリアンドレッシングでもあいそうですね。

そして、この豆苗、98円で二度美味しい上に、すごい栄養があるので、気に入っています。

豆苗(とうみょう)とはえんどう豆(グリーンピース)の若菜のこと。
その栄養価
βカロチン、チンゲン菜の1.5倍
ビタミンE 小松菜の1.8倍
食物繊維 じゃがいもの1.7倍

グリーンピースの若菜だとは知りませんでした。

食べた感想は、カイワレ大根のように辛みもなく、あっさりとしていてなんにでも
あいそうです。

毎日食べたい、緑黄色野菜ですが、時には、天候不順などで高騰する場合があります。
そんな時は、絶対に豆苗!と、私は決めています。

豆苗で、作ったもう一品は、厚揚げと豚肉の炒め物です。

厚揚げと、豚肉、豆苗を、しょうゆ、みりん、砂糖少々で、炒めるだけです。
最後に、ごま油かラー油を振りかけると風味がよくなります。

これは多めに作ったので、明日のお弁当にも入れようと思っています。
厚揚げを使っていますので、満腹になります。

ご飯のおがずに、ぴったりです。

豆苗のたまご炒め。

こちらは、もう一品、おかずがほしい時などにおすすめです。
卵と豆苗があれば、ササっとできてしまいます。
コツは、卵はふわっと焼くこと。

豆苗のペペロンチーノ
こちらも、簡単にできます。
ベーコン、にんにくのいい香りが食欲をそそります。

パスタも糖質が多いので、こういった豆苗をパスタ風にするのもありですね。

スポンサーリンク